痛くない脱毛なら光脱毛を選ぼう

脱毛したいけれど、痛みが不安でチャレンジできないという方は少なくありません。

脱毛の施術時の痛みは、マシンの種類やケアする部位によって大きく変わります。

一般的に皮下脂肪の多い部位は、脂肪が緩衝材の働きをして、痛みを吸収してくれるとされています。

 

皮下脂肪の少ない部位でも、保湿をしっかり行えばある程度痛みを軽減することができます。

痛みに弱い方は、脱毛サロンによっては一回施術を無料で受けられるサービスもあるのでそういったも

のを利用して判断しましょう。

 脱毛は痛い?方法別で比較

美脚

脱毛施術は、医療脱毛とサロン脱毛の二種類に分けることができ、医療脱毛はレーザー、サロン脱毛は光を肌に照射することが一般的です。

 

医療レーザー脱毛

医療脱毛と呼ばれるレーザー脱毛は、毛根にダメージを与えることが特徴です。照射の強さが光脱毛よりも強いため、レーザーの照射には医師の資格が必要です。

医療脱毛に使われるレーザーには、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーなどのタイプがありますが、どれもメラニン色素に強く反応します。

 

メラニン色素は体毛の黒い部分に含まれる成分で、肌に照射すると毛穴の奥のムダ毛にダメージを与えることが期待できます。

しかし、メラニン色素はムダ毛だけではなく、肌の中でも生成されます。

そのため照射威力の強い医療脱毛でムダ毛をケアすると、肌に痛みを感じやすくなります。

特に日焼けをするとメラニン色素の生成が促されるので、日焼け直後の脱毛は痛みが生じやすくなるため避けましょう。

 

光脱毛

サロン脱毛で使用される光は可視光線という光で、この光を当てると黒いムダ毛(メラニン色素)に作用します。

 

ムダ毛もメラニン色素のひとつで、黒い毛に光が当たると焼かれたような状態になります。

黒い部分のみに作用するので、光を当てると毛根と呼ばれる毛乳頭まで届きます。

毛根まで光が届いたムダ毛は数日後、抜け落ちていくという仕組みで脱毛することができます。

 

痛みを感じにくい部位とは?

美人

脱毛時の痛みは、ムダ毛の濃さや肌質によって個人差があります。

脱毛時に感じる痛みは、ムダ毛の状態が深く関わってきます。

自分で毛抜きを使用してムダ毛を抜いた場合、産毛よりも濃いムダ毛のほうが痛みを感じやすくなりますが、脱毛サロンでも同じく濃いムダ毛ほど痛みを感じやすくなります。

濃いムダ毛ほどメラニン色素の量が多いことが原因です。

そのため、痛みを感じにくい部位から脱毛したいと思ったら、ムダ毛が薄い部分からチャレンジするのがおすすめです。

 

太腿や腹部、お尻

脱毛部位によって痛みが違ってくる理由として、皮下脂肪の厚さが関係しているといわれています。

太腿や腹部、お尻など皮下脂肪が多めの部位は、あまり痛みを感じない部位といえるでしょう。

脂肪が緩衝材の働きをして、痛みを吸収してくれると考えられます

 

もっとも痛みを感じやすい部位とは?

脱毛

もっとも痛みが大きい部位は「VIO」「ひざ」「わき」です。

脱毛専門店には数多くの施術メニューがありますが、その中でも特に痛みを感じやすいメニューがVIO脱毛です。

 

VIO

VIOラインに生えているムダ毛は手足と比較すると太く、黒色も濃いのが一般的です。

そのため多くのメラニン色素が含まれており、レーザーやフラッシュに対して強く反応します。

さらに、VIOラインは肌がデリケートでわずかな刺激でも強く感じるので、痛みや腫れ、赤みが強く出

やすくなります。

 

ひざ

ひざも痛みを感じやすい部位です。

ひざの脱毛は足脱毛に含まれることが多いですが、ひざは太腿やふくらはぎと比べると皮下脂肪や筋肉

が少ないという特徴があります。

そのため脱毛時の刺激がダイレクトに伝わり、痛みが大きくなりやすいので気を付けましょう。

 

わき

わき脱毛は人気の高い部位ですが、ケア時の痛みも大きくなりやすい部位です。

これはムダ毛が太くて濃いことが理由です。

わき部分はカミソリや毛抜きなど、ムダ毛の自己ケアによる肌ダメージがあらわれやすく、カミソリ負

けや埋没毛がレーザーなどに反応して痛みが強くなることがあります。

 

脱毛時の痛みは体調によっても左右します。

普段は特にトラブルがない施術でも、体調不良や生理前後で具合が悪くなることがあります。

日焼けをした部分も痛みが大きくなるので、施術前は注意しましょう。

 

脱毛時の痛みは保湿で軽減できる

脱毛の施術を行う際、肌が乾燥しているとレーザーやフラッシュの刺激が強まります。

これは肌の水分量が少なくなると肌のバリア機能が低下し、外からの刺激に敏感になるためです。

そのため、肌の潤いが高い部位は脱毛の痛みを感じにくくなります。

 

肌の色が薄い部位も、痛みを感じにくい部位です。

紫外線の影響を受けていないことはもちろん、シミやホクロ、ニキビ跡が少ない部位を脱毛すること

で、スムーズに施術を進めることができます。

 

痛みを抑えたいなら光脱毛を選ぼう

医療脱毛で使われるレーザーは、ムダ毛に大きなダメージを与えられるのが特徴ですが、同時に肌に負

担がかかり、痛みや肌の腫れが出やすくなります。

 

そのため、痛みを抑えるなら光脱毛を選ぶようにしましょう。

光脱毛ができるマシンにはIPL方式やSSC方式などがあります。

IPL方式はレーザー脱毛の威力を弱めたもので、メラニン色素に作用してムダ毛を処理していきます。

 

光脱毛は濃いムダ毛のケアに向いていて、しっかりと脱毛効果を出しながら肌に与える刺激が少ないと

いうメリットがあります。

SSC方式はムダ毛の成長を抑えるジェルを肌に塗り、フラッシュを照射して有効成分を肌の中へと浸透

させます。

 

この施術方法は、メラニン色素とは別の方法で脱毛していくものなので、VIO脱毛やわき脱毛も痛みを

感じずに進められるのがメリットです。

脱毛時の痛みは、肌が乾燥していると大きくなりますが、SSC方式はジェルを使って施術するので、肌

の乾燥が気になる人も痛みを抑えることができます。

 

光脱毛ができるマシンは、フラッシュの出力を調整できるものが多いです。

ムダ毛の状態や肌質、体調にあわせてフラッシュのレベルを変えられるため痛みを小さく抑えることが

できます。

 

脱毛というと痛みを我慢するというイメージがありますが、光脱毛なら痛みを軽減できる可能性があり

ます。

 

ビー・エスコートでは、国内最新機器の光脱毛を使用しております。お痛みもほぼなく、日本人の肌にマッチするよう研究された機械です。また、ローン契約が高くないため、幅広い年齢層の方に愛されている脱毛サロンです。

少しでも脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。