産後に毛深くなって戻らない!?産後脱毛のすすめ

妊娠や出産の経験をすることは、女性にとってこのうえない喜びですよね。

妊娠中は大きくなっていくお腹が愛しくもあり、そんな自分の姿さえ美しいと思えるものです。

妊娠や出産を機に、女性の体は大きな変化を見せます。

 

それは見た目だけではありません。

つわりによる体調不良だけでなく、味の好みが変わったり、抜け毛や白髪が増えたり、妊娠前にはなかった変化が現れ始めるものです。

 

その程度には個人差がありますが、出産後にもその変化が続くこともあります。

ムダ毛に関しても同じです。

妊娠や出産を機に、ムダ毛が増えてしまい悩んでしまう人もいるでしょう。

ではどうして、産後に体毛が増えてしまうのでしょうか。

 

出産前後のホルモン変化

落ち込む女性

女性の体は女性ホルモンによって支配されている部分が大きく、このホルモンの分泌量や質によって、体調も大きく左右されてしまいます。

妊娠は病気ではありませんが、1つの生命を生み出すという壮大かつ神秘的な現象であるため、体にも様々な変化が現れます。

ルモンの変化もそのうちの1つです。

 

≪妊娠前のホルモン≫

ムダ毛と呼ばれるような体毛は、主に男性ホルモンの分泌によって発毛されるものです。

もちろん女性の体内にも男性ホルモンが存在し、女性ホルモンの分泌が減少することで、男性ホルモンが活発化される仕組みです。

 

正常なホルモンバランスが保たれていれば、女性ホルモンが正しく分泌されることで、男性ホルモンの活発化を防ぎ、ムダ毛が極端に増えてしまうことも抑えてくれます。

ですが、妊娠していない状態でも、このホルモンバランスが崩れてしまうと男性ホルモンの働きが活発化し、毛深くなってしまうこともあるのです。

 

≪産後のホルモン≫

妊娠出産を機に女性の体は大きく変化しますが、ホルモンバランスも崩れがちとなってしまいます。

特に産後は、赤ちゃんへの授乳が始まることで、母乳の生成を促すホルモンも活発に分泌されるようになります。

 

産後は授乳がきっかけとなり、全体的なホルモン分泌量が不安定となってしまうのです。

この時期のホルモンバランスはとても重要で、バランスが崩れた状態が続いてしまうと、体に不調をきたすだけでなく、精神的なバランスまで崩してしまい、不安定な気持ちから産後うつなどの心の病まで発症してしまいます。

 

妊娠出産を機に毛深くなる理由

妊婦

一般的に、妊娠中はムダ毛が濃くなり、産後は薄くなっていくというパターンが多いとされています。

妊娠中にムダ毛が濃くなる理由は、妊娠を継続するために増加した女性ホルモンが、胎児の生命維持のために優先的に分泌されるため、母親の体内では女性ホルモンが減少してしまうからです。

 

代わりに男性ホルモンの分泌が活発化し、ムダ毛が濃くなってしまうのです。

産後においては、女性ホルモンを胎児に供給する必要性がなくなることで、母親の体内に妊娠前と同じレベルの女性ホルモンが戻ることで、抜け毛が増えていきます。

 

ですが、この流れと逆のパターンで体毛に変化が現れる人もたくさんいます。

産後の女性ホルモンの戻りが悪いせいで、妊娠中のままいつまでも毛深く、なかなか妊娠前の体毛に戻らない人もいます。

 

妊娠出産によって発生したホルモンバランスの乱れが原因で、急に抜け毛や白髪が増えたりすることと同じように、産後にムダ毛が増え、毛深くなってしまうことも充分あり得るのです。

 

産後だって脱毛したい!

笑顔女性

産後にムダ毛が濃くなってしまう原因が、ホルモンバランスによるものだとわかっても、ムダ毛が増えることは、やっぱり耐えられませんよね。

女性は母親になっても、やはりきれいでいたいものです。

では、産後という体でも脱毛の施術は受けられるものなのでしょうか。

 

≪産後の脱毛事情≫

①脱毛サロンの場合

脱毛サロンでは、そもそも妊娠中から脱毛の施術を受けられないというところが多くあります。

それだけホルモンバランスと体毛の関係が密接したものであることを物語っており、そんな期間の脱毛は、体にとって負担が大きいということでもあるのです。

 

また、ほとんどのサロンでは、産後でもすぐに脱毛の施術を受けることができません。

産後も妊娠中と同じく、ホルモンバランスが不安定な時期だと認識されているからです。

産後のホルモンバランスが落ち着くのは、生理が開始した時という一般的な見解がありますが、その見解と合わせて、脱毛サロンにおいても脱毛の開始が可能な条件を「生理の開始」としています。

 

ですが、授乳中だとまだまだホルモンバランスは安定したものではなく、本来始まるはずのない生理が始まることも珍しくありません。

授乳中もホルモンバランスはとても不安定であるため、仮に生理が開始していても脱毛の施術は受けることができず、開始時期のスケジュールについては、サロン側とじっくり打ち合わせる必要があります。

 

②医療クリニックの場合

医療クリニックの場合、産後の生理が開始していなくても施術を受けられることがあります。

医療クリニックは、医療機関であるため万が一の時のバックアップ体制や、医師が在籍していることから可能となったものです。

 

ですが、医療クリニックのレーザー脱毛は、刺激が強いことから肌への負担は大きくなります。

産後の肌は、ホルモンバランスが安定していないため、とてもデリケートな状態です。

そのような状態の肌にレーザー脱毛の施術の光を照射することは、さらなる負担がかかることになるため、慎重な施術やそのための技術が必要となります。

 

産後のおススメ脱毛方法

①自己処理は?

産後は、大きな仕事を終えた自分の身体の修復を図る時期でもあり、赤ちゃんのお世話をする時期でもあります。

産後と言えど、何かと忙しいというのが現実でしょう。

そんな時にムダ毛の処理に時間をかけることは、少し辛いことでもあります。

 

そのため、ついつい自己処理で終わらせてしまいがちですよね。

ですが、産後の肌はとにかくデリケートです。

妊娠前と同じように自己処理をしたつもりでも、肌がデリケートな状態にあるため、大きな負担を負い、肌荒れなどを起こすリスクも高くなってしまっているのです。

 

肌への負担を考えると、妊娠前と同じような自己処理はおススメできるものではありません。

自己処理をするにしても、妊娠前以上に肌に負担のかからない優しい処理方法を実践する必要があります。

 

②脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛

そんな時期だからこそ、脱毛のプロに処理をお任せする方が賢明な選択といえるでしょう。

脱毛サロンや医療クリニックは、脱毛のプロであると同時に、肌のことに関してもプロであります。

産後の肌の状態も熟知しているうえ、そんな肌に合った脱毛方法で施術してくれます。

 

また、医療クリニックで施術されるレーザー脱毛は、太くて濃いムダ毛ほど効果が現れやすい脱毛方法です。

産後、思いもよらず毛深くなってしまった人こそ、効果が現れやすくなります。

生理が開始した後順調に周期が安定し、レーザー脱毛の刺激にも問題ないと判断されれば、すぐにでも取り掛かる価値のある脱毛方法といえるでしょう。

 

まとめ

出産前後には、ホルモンの変化によって毛が濃くなってしまう可能性があります。そのため、自己処理をするのが大変になってしまいます。出産をしたら、自己処理をする時間もあまりとれなくなることもあります。

脱毛を育児の息抜きにするのもよいかもしれませんね。

そのときは、生理が再開していることや肌が安定しているかどうかが重要になってきます。脱毛サロンやクリニックによっては断られる可能性もあるので、お店に確認してみてくださいね。

 

ビー・エスコートでは、無料カウンセリングを実施しております。何か少しでも脱毛に関してお悩み・ご相談などがございましたら、ぜひお気軽にビー・エスコートまでお問い合わせくだい。

また、無料テスト脱毛も実施しております。お肌と機械との相性をしっかり確認してからの施術となるため、肌トラブルのリスクを避けて安心して脱毛することができます。