永久脱毛って何?

永久脱毛を願って脱毛に通いたいですよね。脱毛の仕方にはいろいろあります。学生なども気軽に始めやすい「光(フラッシュ)脱毛」、短期間で効果が出る「医療レーザー脱毛」、激痛と話題の「ニードル脱毛」、ブラジリアンワックスで有名な「ワックス脱毛」、休止期の毛にダメージを与える「ハイパースキン脱毛」です。

「一定の期間だけつるつるでいたい!」という方はワックス脱毛をおすすめしますが、大半の方は「永久に手入れをしなくてもいいようになりたい」と思っていると思います。果たして、どの脱毛方法が永久にムダ毛をなくせるのでしょうか。以下で見てみましょう!

「永久脱毛」のそもそもの意味

脱毛女性

「永久脱毛」というと「一生!死ぬまで永遠に毛が生えてこない!」と思ってしまいがちですが、実は「永久脱毛」の定義は違うのです。

 

永久脱毛の定義とは、

 

全く毛が生えてこない状態のことではなく、照射した毛穴からのムダ毛の再生率を20%以下にする施術のことを言います。

 

ですから、「完全になくす」という意味で捉えていると多少不満に思ってしまうかもしれません。もちろん脱毛部位や毛の生え方によって個人差があるので、完全に生えなくなる方もいらっしゃいます。しかし「永久脱毛」を謳っているクリニックは、実際に「ほとんど」

生えてこなくなります。

 

それでは、どの脱毛方法が、私たちが思っている「永久脱毛」なの?定義とか知らないわ!という方のために、朗報です。私たちが思っている「完全に無くす永久脱毛」は、一つだけございます。

 

永久脱毛が保証されているのは「ニードル脱毛」だけ

針

実は、多くの方が思っている永久脱毛(全く毛が生えてこなくなる状態)になる施術といのは、ニードル脱毛だけです。それではニードル脱毛ってどんな脱毛方法なのでしょうか?

 

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛は別名「針脱毛」、「絶縁針脱毛」、「電気針脱毛」と呼ばれていて、毛穴一つに対して専用の針を刺し、電流を流します。そして毛根を完全に破壊する脱毛方法なので、二度と毛が生えてくることがない脱毛方法です。

 

ニードル脱毛の施術方法

ニードル脱毛は光脱毛、医療レーザー脱毛とは違い、毛を少し生やした状態で施術を行います。なぜ毛を生やした状態で行うかと言うと、毛が生えている状態をしっかり見ないとターゲットが定まらず針を刺すことができないからです。毛が生えているところの毛穴に針を刺し、10秒~20秒間電流を流し続けます。そして毛根に電気の熱でダメージを与えるのです。

 

上記を繰り返し、全ての毛穴に同じことをします。

 

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛は、なんといっても「完全に毛をなくす唯一の方法」というのが最大のメリットです。ムダ毛の自己処理って時間もかかるし、面倒くさいですよね。完全に一生生えてこなくできる脱毛方法は、ニードル脱毛だけなのです。

 

ニードル脱毛は、光脱毛、医療レーザー脱毛にはできない白髪やムダ毛がかなり薄いところにも効果を発揮してくれます。そして医療レーザー脱毛と同様、効果を実感できる期間が光脱毛と比較して早いです。

 

ニードル脱毛の歴史はほかの脱毛と比較して古いものになります。19世紀終わり頃からニードル脱毛法が生まれ、20世紀初頭に一般的な脱毛として広がり始めました。これほど古い歴史があるため、「ニードル脱毛を受けた人は一生ムダ毛が生えてこない説」が立証されているのですね。

 

逆に言うと「光脱毛」「医療レーザー脱毛」は近年できた比較的新しい脱毛方法です。ですから「一生生えてこない」というのは言えないんですね。しかし、たまにクリニックで「永久脱毛」を謳っているところがあります。それは上記でご説明したような永久保証の定義があるからです。

 

ニードル脱毛は確実な効果を期待できるため、通い続けることができれば絶対にムダ毛をなくすことができます。「通い続けることができれば」です。

 

ニードル脱毛のデメリット

「だったらみんなニードル脱毛すればいいんだ!」と思うかもしれませんが、ニードル脱毛のデメリットをしっかり知っておいたほうがいいです。

 

デメリット一つ目は、痛みです。はっきり言います。ニードル脱毛は激痛です。医療レーザー脱毛でも痛いと言われていますが、ニードル脱毛は比にならない痛さです。ニードル脱毛で全身を脱毛するなんていうのは、ほとんどの方があまりの痛さに通えなくなってしまうのではないでしょうか。通うことができなくなってしまったら、お金の無駄ですよね。

 

あまりの痛さに施術を続けるのが困難な人が多いため、麻酔を用意しているところがほとんどです。しかし麻酔代もかかるところもあります。

 

デメリット二つ目は、施術時間がかかるということです。一つ一つの毛穴に対して施術を行うため、平均で1時間の間に10本~15本ほどしか施術ができないと言われています。激痛尚且つ時間がかかるというのは、苦痛ですよね。

 

デメリット三つ目は、料金の高さです。ニードル脱毛は他の脱毛と比較して、圧倒的に手間がかかる施術になります。尚且つ、ニードル脱毛には熟練された腕のスタッフによる施術が必須です。両方を考えるとどうしても高額になってしまうのです。

 

「ほぼ」永久に脱毛できるのは医療レーザー脱毛と光脱毛

脱毛サロン

ニードル脱毛は脱毛の種類の中でも最も歴史あるものですが、なんといっても「痛み」に耐えられなく通院ができない方が非常に多くいらっしゃいます。医療レーザー脱毛も痛いと言われていますが、本当に比にならない痛みなので、麻酔が必須になってきます。

 

「全く一生生えてこない」というわけではないですが、光脱毛と医療レーザー脱毛のほうがリスクもなく施術することができるのでおすすめです。

 

痛みも少なくほぼ永久を望むなら光脱毛がおすすめ

初めての方なんかは、特に光脱毛をおすすめします。先ほどもお伝えしましたが、医療レーザー脱毛でも痛みに耐えられない方は多くいらっしゃいます。光脱毛は効果を実感するまでに期間を有しますが、痛みは輪ゴムでパチンと弾かれた程度なので、ほとんどの方がストレスなく通うことができます。

 

強いレーザーや強い痛みで肌トラブルを起こしてしまうと、どんな脱毛もできなくなってしまいます。長い目でツルスベ肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

ビー・エスコートでは、光脱毛を行っております。痛みはほとんど感じられないので、初めて脱毛をしようと考えている方は始めやすいです。ビー・エスコートは、他社さんとは違い、一部分ごとの照射範囲が広いです。低価格で広範囲の脱毛ができるので、ぜひ一度お越しください。