毛穴は太ると広がる噂を検証!毛穴が広がってしまう原因と対策

太ってしまうと毛穴が広がってしまうのでしょうか?

毛穴が広がってしまうのは美肌の敵ですよね。毛穴が閉じていると肌もきれいに見えるので毛穴のケアは欠かせません。

 

毛穴が広がる原因は、汚れや皮脂やたるみなどたくさんある中で、太ることも毛穴が広がる原因になるのでしょうか?また太って毛穴が広がってしまったときの対策はあるのでしょうか。見ていこうと思います。

 

太ると毛穴が広がってしまう?毛穴が広がってしまう理由とは

ショック

結論から言うと太ると毛穴は広がっていってしまいます。

太ることによって皮膚が伸びてしまって、それとともに毛穴が広がってしまいます。

毛穴は皮膚とともに伸びることができるほど、柔らかく伸縮するものです。

 

そして毛穴が広がってしまうと黒く目立ってしまうので厄介ですよね。

 

実は毛穴は顔だけで20万個、全身で500万個もあるといわれています。もちろんこれは平均なので個人で開きは出てきます。

生まれてから年を重ねても毛穴の数は変わらず同じ一定です。

 

毛穴が広がってしまう原因の一つに「太る」というのがありますが、実は単純に太って皮膚が伸びたから毛穴が広がったのではないことが分かってきます。

 

毛穴が広がるのは、5つの原因があります。

 

  1. 皮脂が毛穴に入り、毛穴自体を広げてしまう。
  2. 空気中の汚れなどが毛穴に入り、毛穴を広げてしまう。
  3. ニキビの跡の毛穴が開いてしまう。
  4. 老化によって肌がたるみ毛穴が広がってしまう。
  5. 太ることで肌がたるみ、皮脂分泌がうまくできなくて毛穴が広がってしまう。

 

たくさんの原因がありますが、一番困るのは毛穴が広がり続けてしまうことですよね。

太って毛穴が広がるだけならまだいいのですが、そこに太ったことによって新陳代謝が減ってターンオーバーが乱れることで毛穴に皮脂や汚れが蓄積してしまい、ますます毛穴が広がってしまうことがあります。

 

毛穴が広がらないようにするには太らないようにしていくことが一番ですが、毛穴が広がり続けないようにするにはどういったことをしていけばいいのでしょうか。

 

毛穴が広がるとこんなことになる!毛穴が広がらないスキンケアの仕方

保湿

まず、毛穴が広がってしまうとどういったことになってしまうのでしょうか。

実はアジア人の毛穴の広がり方は独特です。

 

毛穴は丸く円のように広がっていくと思われがちですが、アジア人は違います。

アジア人の毛穴の広がり方は楕円です。しかも下に向かって伸びるように広がっていきます。

すると、皮膚がたるんで見えてしまいます。たるんで見えると老けて見えてしまいます。

毛穴が広がるのは黒く目立つだけでなく、老けて見えてしまうのです。

 

実際、毛穴の汚れを取り毛穴を引き締めるだけで皮膚が引き締まります。

太って老けて見えていた場所も、毛穴を引き締めるだけで皮膚自体も引き締まります。

分かりやすいのが多くの毛穴がある顔です。顔の毛穴だけでも20万の毛穴があるといわれています。

この広がっていた毛穴が一つ一つ引き締まっていくと、たるんでいたお肌は上に上がり顔が小さく見えます。

 

そんな印象も変えてしまう毛穴ですが、毛穴が広がりにくい方法もちゃんとあります。

毛穴の広がりの対策で重要なのは、スキンケアにあります。

毛穴が広がらない対策

毛穴の汚れをしっかり落とすことと、保湿が大切です。

 

毛穴の汚れの落とし方は二つあって、一つが油汚れを浮かせて落とす方法。

もう一つが、洗顔フォームやせっけんなどを使って汚れを落としていく方法です。

 

実は化粧をしている方はみんなこの二つの方法で汚れを落としています。

化粧落としと洗顔フォームです。ダブル洗顔ともいわれています。

 

 

  • クレンジング

皮脂もファンデーションも油です。油は油でしか落とすことができないので、化粧落としを使って浮かせます。まず手のひらにとって、軽く温めてから顔に広げてください。

優しくなでるように肌に這わせます。決してゴシゴシとこすらないでくださいね。色素沈着の原因になってしまいます。

 

しっかり汚れを浮かせたら、水で流します。

このクレンジングはとても肌に負担をかけてしまいます。

できるだけ肌に優しいものを選ぶようにしてくださいね。

オイルタイプ、クリームタイプとありますが、クリームタイプのほうがお肌にやさしくなっています。

 

 

  • 洗顔

洗顔フォームできめの細かい泡を作っていきます。

 

泡の作り方は自分が一番作りやすい方法が良いです。

泡の立て方は主に3種類あるので、好きなものを選ぶようにしてくださいね。

 

【泡立てネット】

泡立てるコツ:ネット自体をぬるま湯で濡らして水気を軽く切り、洗顔フォームを先から真ん中あたりにつけそこを中心に揉みこみます。

 

【泡立て器】

泡立てるコツ:カップの中に入れて上下に棒を動かすだけで簡単に泡が作れるものです。100円から1000円と値段が幅広くなっています。安いものは水の量や動かし方などにコツがいります。少しお湯を少なめに入れるとよいようです。

 

また、生クリームを泡立てる泡だて器を使って泡を立てる方法もあります。こちらも洗面器に水と洗顔フォームを入れてかき混ぜて泡立てるだけです。泡がピンと立つようになったらいい泡です。生クリームみたいで面白いですよ。

 

【手】

泡立てるコツ:手に化粧落としなどが残っていると泡立ちにくいのでしっかりと洗い流します。手のひらを少し丸めて洗顔フォームを入れ、水を足して泡を作っていきます。空気を入れるように泡を立てていくのがポイントです。

少し時間がかかりますが、きめが細かい泡を作ることもできます。

 

ふわふわの泡ができたらその泡を顔において60秒間待つだけで勝手に泡がぱちぱちとはじかれて汚れをとってくれます。

洗顔をするときは優しく行うことがポイントです。

泡の力だけで十分に毛穴の汚れが落ちます。

また、泡の質も大切です。大きな泡だと毛穴の奥まで入っていきませんので、きめの細かい泡で毛穴の奥の汚れまで落とすことが大切です。

 

しっかり落としたらしっかりと保湿をします。

 

化粧水だけでは水分が蒸発してしまいます。化粧水をたっぷりとつけたあと、乳液などでしっかりと蓋をしてください。

できれば、たっぷりの化粧水で肌を潤した後、美容液を使って、乳液、クリームとしっかりと塗っていくと保湿をたっぷりしてくれます。

 

脂が出やすいから乳液やクリームを塗らないのは、逆に皮脂を出させる原因です。

脂が足りていないから脂を体から出して補おうとしてしまいます。

余計な脂を出さないようにこちらからしっかりと保湿してあげてくださいね。

 

毛穴を消してしまえる方法がある?

美脚

実は毛穴を消してしまえる魔法のような方法があります。

 

それは脱毛です。

脱毛は毛の生えるために必要な毛乳頭を刺激し続けていくことで、毛が生えるのを抑えてくれます。

毛が生きる力をなくすと、毛穴も当然小さくなっていきます。

今まであった毛穴が引き締まってくれるので、きめが細かい絹のようなお肌になる可能性もあります。

 

まとめ

太ると毛穴が広がってしまうのは皮膚が伸びるからだけでなく、新陳代謝による皮脂の汚れが入り込んだことによるターンオーバーの乱れであることも分かりました。

また、毛穴が広がってしまうことによって老けて見えたり、太って見えたりすることもあって毛穴の大きさによって人が持つ印象が変わることが分かりました。

毛穴に困っている方は一度、脱毛の無料カウンセリングを受けてみるのをお勧めします。

 

ビー・エスコートでは、無料カウンセリングを実施しております。脱毛に関してお悩み・ご相談などありましたら、お気軽にお近くのビー・エスコートまでお問い合わせください。ビー・エスコートは、全国に70店舗展開している脱毛サロンです。

一部分単位の照射範囲が広いため、より効率的に脱毛することが可能です。また、国内最新機器の光脱毛を使用しておりますので、ほぼ無痛で施術を受けていただけます。