毛の処理で一番のおすすめは?

世の中の多くの女性が、自分の体に生えているムダ毛を嫌がり、なんとか処理しようと日々奮闘しています。

ムダ毛の処理方法は様々ですが、費用や時間などの諸事情で、サロンやクリニックでの脱毛ができなければ、少しでもきれいな仕上がりになるような、自己処理方法を選択したいと思いますよね。

ムダ毛を自己処理する際のおススメの方法を、メリットとデメリットを踏まえながら、詳しく解説していきます。

 

代表的な自己処理方法

カミソリ

ムダ毛の処理にかける思いや考えは人それぞれですが、ムダ毛をどうとらえるかにより、選択する自己処理方法にも変化が出てきます。

どんな自己処理方法にもメリットとデメリットがあるため、そのことを把握しながら自分に合った処理方法を選択することが大事です。

主な自己処理方法別に、その特徴をみていきましょう。

 

カミソリ

カミソリを使ってのムダ毛処理は、自己処理の中でも1番多くの人が実践している処理方法です。

昔からムダ毛を自己処理する際の、代表的な方法として広く知られています。

 

(メリット)

・費用や時間が掛からない

カミソリやシェービングクリームを準備すれば、あとは特別なものを準備する必要がなく、ムダ毛処理にかかる費用を抑えることができます。

いつでも簡単に手軽に処理でき、時間を要することもありません。

 

・幅広い範囲

手が届く広範囲を、一気に処理することが可能です。

手っ取り早く一気に処理できることで、処理にかかる時間の短縮にもつながります。

 

(デメリット)

・肌が傷つく

カミソリの刃と肌の間に生じる摩擦により、目に見えなくても、肌が小さな傷を負ってしまいます。

 

・処理後の仕上がり

肌表面に見えているムダ毛だけを処理するため、毛穴の奥にある処理しきれなかった毛が、黒いブツブツとなって見えることがあります。

 

毛抜き

毛抜きによる処理方法とは、毛を根元から引き抜いてムダ毛を処理するという方法です。

カミソリによる方法と同じく、いつでも簡単に取り掛かかることができます。

 

(メリット)

・次のムダ毛

毛を毛根部分から引き抜くため、新たなムダ毛が生えてくるまで少々時間がかることになり、次回のムダ毛処理まで時間稼ぎをすることができます。

 

・費用や時間が掛からない

毛抜きさえ準備できれば、他には特別な道具が必要なく、カミソリと同様にムダ毛処理にかかる時間と費用を抑えることができます。

 

(デメリット)

・痛み

ムダ毛を毛穴から無理矢理引き抜くため、それなりに強い痛みを感じてしまいます。

 

・肌を傷つける

毛穴から引き抜く際、毛穴周辺の肌や毛根部の組織を傷つけることになり、肌に与えるダメージはとても大きなものです。

 

除毛クリーム

除毛クリームを使った自己処理方法は、薬剤の力を利用し、ムダ毛を溶かしながら処理していきます。

クリームの主成分として含まれているアルカリ性の薬剤が、毛のタンパク質を溶かす特性を活用し、除毛していくという方法です。

 

(メリット)

・若い世代

まだ毛の生えかわりのサイクルが整っておらず、脱毛の施術が受けられない子供や、10代初めの若い世代でも、脱毛より肌への負担を抑えてムダ毛を処理できます。

 

・幅広い範囲

クリームを塗布するだけなので、広範囲にわたって処理することができ、特にカミソリの刃をあてづらいような部位で活躍します。

 

・肌触りがいい

カミソリや毛抜きによる自己処理に比べると、処理後はツルツルして、きれいな肌触りです。

 

(デメリット)

・肌の負担

クリームの主成分となっているアルカリ性の薬剤は、刺激が強いため肌にかかる負担も大きくなり、薬剤が自分の肌に合わなければ、肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

 

・薬剤の刺激

使用する除毛クリームによっては成分の刺激が強く、臭いが気になったり、肌に塗布した際にヒリヒリするなどの異常を感じることもあります。

 

ワックス脱毛

ワックス脱毛とは、専用のクリームやジェルと、シートの粘着力を利用してムダ毛を処理するという方法です。

近年人気が高い処理方法として知られ、ブラジリアンワックスなどが注目されています。

 

(メリット)

・毛根から処理

肌表面に生えている毛だけ処理するカミソリや除毛クリームと違い、ムダ毛を毛根から処理できるため、毛抜きと同様に、次回の処理まで時間稼ぎをすることができます。

 

・産毛にも効果的

産毛は脱毛効果が薄いとされていますが、ワックス脱毛なら産毛のような色素が薄く細いムダ毛でも、関係なく処理することが可能です。

 

(デメリット)

・痛み

ワックス脱毛は、シートの粘着力を利用してムダ毛を処理するため、シートを剥がす際に強い痛みを感じることもあります。

 

・期間

シートにしっかりムダ毛を吸着させる必要があるため、ムダ毛がある程度伸びるまで、処理を我慢しなくてはいけません。

 

家庭用脱毛機

家庭用脱毛機は、脱毛サロンなどで使用される光よりも、威力を弱めた光で脱毛することができる電化製品です。

家庭で手軽に、脱毛サロンと同じ仕組みによって脱毛ができるため、近年多くの人気を集めています。

 

(メリット)

・時間短縮

家庭用脱毛機器ならば、脱毛サロンやクリニックのように通う必要がなく、時間を取られることもありません。

 

・自由

脱毛サロンやクリニックでの脱毛は、施術に関するスケジュール管理がありますが、家庭用脱毛機ならば、自分の好きなようにムダ毛を処理することができます。

 

(デメリット)

・威力が弱い

家庭で安全に扱える範囲の、威力が弱い光で脱毛するため、脱毛の効果も当然ながら脱毛サロンや医療クリニックにかなうものではありません。

 

・維持費とメンテナンス

機器によっては、カートリッジなどの交換部品や消耗部品に費用がかかるものもあり、維持費やメンテナンス費用は避けることができません。

 

オススメの処理方法

脱毛器

オススメの自己処理方法

これらの自己処理方法のメリットやデメリットを踏まえたうえで、1番オススメしたい自己処理方法は、家庭用脱毛機器を使った処理方法です。

脱毛効果はサロンやクリニックでの施術にはかないませんが、肌にかかる負担を最小限に抑えながら、自分のペースでムダ毛を処理することができます。

カミソリの刃や、刺激の強い薬剤が直接肌に触れることもないため、安全に脱毛することが可能です。

 

もっとおススメしたい処理方法

家庭用脱毛機器を利用すれば、脱毛サロンでの施術に近い脱毛方法によって、ムダ毛を処理することが可能ですが、やはり1番ベストな処理方法は、本物の脱毛サロンや医療クリニックで脱毛する方法です。

プロの手によってムダ毛を処理すれば、肌にかかる負担を抑え、よりきれいな肌に仕上げることができます。

自己処理で発生しやすい肌トラブルを避けながら、ムダ毛をきれいに処理することが可能です。

 

まとめ

女性にとって憎きムダ毛は、処理しても処理しても繰り返し生えてきてしまいます。

だからこそ自己処理を繰り返すことになり、自分でも気づかないうちに肌に大きな負担がかかり、やがて肌トラブルを引き起こすことになります。

 

自己処理では止められないムダ毛の再生をしっかり止めるには、やはり脱毛サロンなどによる専門的なムダ毛の処理方法が、1番安全で確実です。

プロの手によって専門的にムダ毛を処理することができれば、必然的に美肌効果も得られ、満足できるムダ毛の処理方法となります。

 

ビー・エスコートでは、国内最新機器の光脱毛を使用しております。また、店舗はもちろんのこと、スタッフも全員JEM認定試験に合格している者です。高度な知識・技術・接客で脱毛効果を実感してみてください。

また、ローン契約が高くないため、多くの学生さんからも支持をいただいております。少しでも脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。