夏休みに脱毛する人が多い理由とは

夏休みって一番脱毛する人が多い季節なのは知っていましたか?

暑い季節がやってくると、多くの人は心が弾み、なんだかワクワクしますよね。

夏のレジャーは開放的な気分になれるものが多く、楽しいものばかりです。

 

特にそんな夏のレジャーの代表格とも言えるのが、海やプールといった水着を着用して楽しむものです。

暑い夏にぴったりのレジャーですが、女性にはちょっと気がかりなことがありますよね。

そうです。ムダ毛の存在です。

 

夏という露出が増える時期に気になり始めるのがムダ毛であり、それは水着を着る時だけに限りません。

露出の多い服が増えるのも夏の特徴の1つでもあり、そのせいでムダ毛の存在が一段と気になってしまいます。そのため、ムダ毛が気になる夏に、脱毛をする人が増えるのです。

夏がやってくると気になり始めるムダ毛。

 

夏という季節を乗り越えるために、ムダ毛とどう向き合ったらいいでしょうか。

 

夏とムダ毛の関係

ビキニ

夏になると、特にムダ毛が気になり始めるのはどの女性にも共通していることですよね。

では、どうして夏になるとムダ毛が気になり始めるのでしょうか。

 

≪夏にムダ毛が気になる理由≫

①露出の多いファッション

当然のことですが、夏になると露出が増えます。

その原因は暑い季節にあり、高温になればなるほど衣類は薄くなり、肌の露出が増えることになります。

 

肩が大胆に露出したファッションや、背中が大きく開いたファッションは、夏の定番ともえるほど、特に若い女性を中心に楽しまれるファッションです。

ファッション性と涼のどちらも兼ね備えているとなれば、おおいに楽しみたいファッションスタイルですが、となると露出する肌も当然きれいでなくてはいけませんよね。

 

露出された肌にムダ毛がフサフサしていると、せっかくのこれらのファッションが台無しです。

 

②水着

夏の定番ともいえる水着ですが、夏のレジャーを楽しむなら水着姿になることは避けられませんよね。

水着は、ムダ毛の処理ができていない女性にとっては、とてもハードルが高い衣装です。

日常的に露出することの少ない肌まで露出することになるため、水着になることを考えると、緊張感さえ漂うくらいです。

 

だからこそ、強く意識するのがムダ毛の存在です。

なんとかしなくては水着が着られない、と思うことで体中のムダ毛が気になり始めるのです。

 

③汗をかきやすく蒸れやすい

夏になると、その暑い気候から必ずと言っていいほど汗をかきやすくなります。

汗をかくと蒸れやすく、ムダ毛があればあるほど不快感は増すばかりです。

汗をかくという不快感から、ムダ毛の存在が気になり始めます。

 

またムダ毛が存在すると、かいた汗を放置することで雑菌の繁殖が促進されてしまい、やがてニキビなどの肌トラブルへと発展してしまうことも頻繁に起こります。

背中は特にいい例で、気づかないうちに肌トラブルを起こしやすい部位です。

肌トラブルが増えることで、ムダ毛の存在が気になり始めます。

 

夏休みに脱毛する人が増えるのはなぜ?

夏

夏休みは、脱毛サロンや医療クリニックなどの施設で脱毛する人が急増します。

ムダ毛は、オールシーズンにわたって生えてくるものですが、夏休みになる脱毛する人が増えるのはどうしてでしょうか。

 

≪長期休暇が確保できる≫

学生には、ほぼ必ず夏休みという休暇があるものです。

夏休みは長期間にわたるため、何か大きなことをするにはもってこいの休暇でしょう。

脱毛は、短期間では完了しません。

 

その人の毛周期に合わせた期間で脱毛のスケジュールを組んでいくため、数週間、数か月と長い期間が必要となってきます。

また、社会人でも夏にはお盆やすみなどの長めの休暇を取ることがあります。

これらの夏休みを利用すれば、学校や会社に時間を取られないため、自由に脱毛のスケジュールを組むことが可能となります。

 

だからこそ、長期休暇が確保できる夏休みに、脱毛にチャレンジする人が急増するのです。

 

≪脱毛が夏休み中に完了しなくても急増する理由≫

前述のとおり、脱毛を完全に終わらせるには、数か月、数年単位といった長い期間を要します。

ですが、夏休み中に完全に脱毛が完了しなくとも、施術を受けてから1~2週間でまずはダメージを受けた毛が抜け落ちはじめるのです。

そのおかげで、次の施術までのムダ毛の自己処理が随分楽になり、目的の夏のレジャーに合わせた施術も可能となってきます。

 

≪乾燥が少ない≫

夏は、暑くて汗をかきやすい点を考えると、あまり肌にとってはいいコンディションではありません。

ですが、肌にとって大敵でもある乾燥が少ない季節でもあります。

肌が乾燥すると、肌トラブルは急増してしまいます。

そんな乾燥を避けるために、夏に脱毛する人が増えます。

 

≪寒くない≫

脱毛の施術を受ける際、当然ですが脱毛部位は衣類をとることになります。

もちろん寒い冬であっても、暖房の効いた温かい室内で施術することになりますが、夏は寒さ対策が必要ない分、楽に施術を受けることができます。

 

夏に脱毛する場合の注意点

ポイント

夏休みになると、脱毛する人が急増しますが、夏の脱毛には注意が必要なこともあります。

注意を払うことを忘れると、脱毛の効果にも影響を与えることになりかねないので、しっかり把握しておくことが大事です。

 

≪予約が取りづらい≫

夏になるとムダ毛が気になり始めるのは、どんな女性にも共通することです。

考えることはみんな同じで、長期休暇が確保できる夏休みには、脱毛希望者が殺到します。

そのため、通常よりもサロンの予約は取りづらくなります。

夏休みになるとサロンが混み合うということを念頭に入れて、スケジュールを組むようにしましょう。

 

≪日焼けしやすい≫

夏は、1年を通して紫外線の量もピークに達し、1年の中でも1番日焼けをしやすい時期です。

脱毛の施術は、毛の黒い組織に反応する特殊な光を使いますが、肌が日焼けしていると、施術のための光が日焼けした黒い肌に反応してしまい、肌が火傷してしまう可能性がでてきます。

脱毛の施術を受ける前も、受けている時も、日焼けは絶対に避けなくてはいけません。

 

≪夏休み中に終わらないことが多い≫

脱毛は、1回の施術では終了できません。

毛周期に合わせた施術が必要となるからです。

夏に綺麗な肌で過ごしたいという方は、夏に合わせて施術していく必要があります。

 

まとめ

夏休みはとても脱毛に来る人が多くなりやすい時期です。

夏はムダ毛が見えやすくなるので、気になってしまうものです。

しかし、その時だけ脱毛しても、ずっと綺麗でいることは出来ません。脱毛の施術をしてから1~3週間ほどでぽろぽろと抜けていきますが、また、生えてきてしまいます。生えてきたら施術をして、また生えて施術してを繰り返して、徐々に毛が薄くなっていきます。

そのため、夏休みが終わるまでに、完全に脱毛を完了させることは難しくなります。

夏休み中に脱毛を完了させたいのであれば、夏休みに入る前から施術を始めるなどの、綿密なスケジュールを組むことが大事です。

ビー・エスコートでは、一部分ごとの照射範囲が広いため、より効率的に脱毛することができます。また、ローン契約が高くないため、多くの学生さんからも愛されている脱毛サロンです。

脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。