医療脱毛は効果を実感できる脱毛方法? 光脱毛とどっちがいいの?

脱毛したいと考えた時に、脱毛の種類に悩むことはありませんか?

いま、脱毛といえば、医療脱毛と、光レーザー脱毛の2つがあるため、どちらの方がいいのか、迷ってしまうこともあると思います。

初めて脱毛を受ける方にとっては、それぞれにどのような違いがあるのかどちらの方がより効果的に脱毛できるのかなど、わからないことも多くあると思います。

そこで今回は医療脱毛と光脱毛の違いをご紹介します。

 

 

レーザー脱毛との違い

レーザー脱毛

現在の脱毛は、大きく分けて2つの脱毛があり、1つは医療機関で行われているレーザー脱毛。もう1つがエステサロンなどで行われる光脱毛です。

この2つの脱毛方法の最大の違いは、医療脱毛は医療機関などで医師の施術で脱毛を受けることができますが、一方のエステサロンの光脱毛の場合には、専任のエステシャン、医師の免許を持たないカウンセラーなどによって脱毛の施術が行われる点にあります。

そのため、脱毛の施術に使用される機器も異なり、医療脱毛の機器はエステの光脱毛に使用される機器に比べて照射されるレーザーのパワーが強い機器が使用されます。その結果として、脱毛に必要な施術の期間や効果の現れ方などに違いがあり、料金や脱毛時の痛みにも違いが現れます。

 

脱毛に必要な期間

脱毛の施術に必要な期間として医療脱毛の場合には、毛周期に合わせた施術が行われるため1ヶ月半から2ヶ月の周期で脱毛の施術を行い、およそ5回から8回程度の施術を行うことが必要になるため、1年から1年半程の期間を要しますが、エステの光脱毛の場合には10回から15回程度の施術が必要になるため、およそ2年から2年半程の期間を要します。

また、脱毛の効果としては医療脱毛は永久脱毛を目指す施術であるため、脱毛後のムダ毛を綺麗に処理することができる一方、エステの光脱毛の場合には期間をおくことでムダ毛の処理が必要になってくる場合があります。

 

医療脱毛のメリット・デメリット

ポイント女性

それでは、医療脱毛のメリットとデメリットについて見てみましょう!

 

医療脱毛のメリット

医療機関で受けることができる医療脱毛は、医師免許を持つ医師による施術が行われることから、エステなどの光脱毛に比べて多くのメリットがあります。そこで医療脱毛のメリットについて考えてみましょう。

医療脱毛を行うことのメリットとしては、脱毛が完了するまでの期間が短い、脱毛の効果が高い、太く濃いムダ毛にも脱毛の効果を得られる、医療機関で施術が行われるため万が一のトラブルでも安心できる、更に施術後に肌トラブルなどを起こした場合には薬などを処方してもらうことが、できることなどを挙げることができます。

医療脱毛の特徴はエステなどの光脱毛とは異なり、脱毛の施術に使用される機器から照射されるレーザーが強く高い効果を得られることはもちろんですが、脱毛の方法がムダ毛の元になる毛母細胞を破壊することになるため、施術後はムダ毛が生えて来ることも無く高い効果を実感することができます。また、ムダ毛の元になる毛母細胞を破壊する施術であるため、太い毛や濃い毛にも同様の効果を得ることができます。

 

医療脱毛のデメリット

火傷の危険性

メラニンに強く反応するため、色素が濃い箇所は火傷をしてしまう場合があります。とはいえ、弱すぎると効果が出にくくなるため、出力を調整しながら加減します。

医療レーザーの方が出力が強いので皮膚への影響も強くなりますが、医師の診断もあり、看護師さんが施術するため精神的に安心できます。

 

皮膚がしばらく赤くなる場合がある

出力が強い分肌への影響も強いので、脱毛したその日は患部が赤くなることも多いです。人によっては、赤みが引くまで2〜3日かかることもあります。

 

医療レーザー脱毛は痛みが強い

医療レーザー脱毛は効果も強い分、痛みも強いです。脱毛サロンの光脱毛は温かいくらいで、痛みはそんなに感じませんが、医療レーザー脱毛では熱い輪ゴムがバチンッと当たったような痛みがあります。

 

医療脱毛の効果

ポイント女性

医療脱毛は、脱毛に使用される機器がエステなどの光脱毛と異なり、強いレーザーを照射するため、脱毛の効果が高いことが知られております。

そこで医療脱毛の効果について調べてみましょう。まず脱毛の施術を行う場合には必ず毛周期と呼ばれる毛の生え変わるサイクルに合わせて施術が行われます。

この毛の生え変わるサイクルは2ヶ月から4ヶ月周期であるとされており、休止期、成長期、退行期と区分されています。医療脱毛の場合にはこの成長期に合わせた施術が行われます。成長期の毛は、毛の元になる毛母細胞の活動が非常に活発であるため、毛の黒さの元になるメラニン色素がより濃く分泌されるため、医療脱毛で照射されるレーザーに反応しやすく脱毛の効果が得やすくなります。

そのため、脱毛の施術を行い1ヶ月後の毛の再生率を20%以下に抑えることができて、永久脱毛と呼ぶことができます。

この毛の再生率をより低く抑えることができるため、脱毛処理後にご自身で手入れを行う必要が無くなるというとても大きな効果を得ることができます。

この医療脱毛でご自身の手入れが不要になる目安は脱毛を受けた部位によって異なりますが、顔で8回の施術、脇は5回の施術、Vラインは5回の施術、IラインやOラインで8回の施術を受けることで、ご自身で手入れを行うことが不要になる程の効果を得ることができます。

また、脱毛が完了しムダ毛の無いツルツルの状態になるには、最も脱毛の施術の回数が多い顔やIラインOラインでも10回程の施術で、ツルツルの肌を手に入れることができます。しかし、エステの光脱毛に比べやや高い料金や、施術に痛みを伴うのが医療脱毛です。

 

医療脱毛と光脱毛、結局どっちがいいの?

疑問女性

時間がない方は光脱毛に通うことは、なかなか難しいかもしれませんが、きちんと回数を通えば毛は生えてこなくなりますし、肌を痛めないという点では光脱毛の方がおすすめです。施術している間も痛みをあまり感じないというのは、痛みに敏感な人にはもってこいなのではないでしょうか。

あまり、脱毛にお金をかけられないという人も光脱毛なら、低価格でやっているところもたくさんあります。

余ったお金を他のことに回すこともできますし、料金の面では断然、光脱毛の方が良心的です。

 

まとめ

脱毛に興味がある方は、綺麗な肌を手に入れたいと思っている方がほとんどだと思います。ですので、肌を傷めない光脱毛の方が医療脱毛より、皮膚を傷めないで脱毛することができるため、美意識の高い人にとっては、最適なのではないでしょうか。今回は医療脱毛と光脱毛について、それぞれの特徴やメリット、デメリットについてのご紹介でした。

 

ビー・エスコートでは、国内最新機器の光脱毛を使用しております。痛みもほぼないため、学生さんから幅広い層の方に愛されているサロンです。また、一部分単位の照射範囲が広いため、効率よく脱毛することができます。

また、業界初全てのパーツが均一価格です。もちろん提示されている価格以上のものはかかりません。

少しでも脱毛に関してお悩み・ご相談などありましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。