全身脱毛とほくろについて

今回は、ほくろと全身脱毛についての関係について紹介していきます。
ほくろはだれにでも一つはあるような身近なものでもあります。全身脱毛を行う際にほくろがある場合は施術することができなくなってしまうのかということなど、全身脱毛と、ほくろの関係について見ていきます。

 

ほくろがあっても脱毛できるの?

ほくろ

まず結論から言いますと、ほくろがあったとしてめ、脱毛の施術はできますが、実際ほくろの上から照射することはNGとなっています。
その理由には、脱毛のメカニズムによるところがあり、脱毛する際の脱毛機からの光が黒いものに反応するという特徴を持っていますので、この特殊な波長を持っている光を照射することより、毛根に含まれるメラニン色素に反応させて、熱エネルギーを発生させることにより、毛乳頭や、毛母細胞にダメージを与えて脱毛が行われています。


ですからほくろに直接照射するとどうなるのかというと、メラニン色素に反応して、火傷をしてしまう可能性があります。ほかにも皮膚炎であったり、肌のかゆみ、肌トラブルを招く可能性が高くなってしまいますので、ほとんどのサロンやクリニックでは、ほくろへ直接照射することはNGとなっています。

 

全身脱毛時のほくろ箇所の対応

脱毛

そうなると、ほくろがあったら全身脱毛は無理ということではないかと思われると思いますが、以下で、ほくろがある場合にどのような対応をして脱毛をしていけば良いのかということを紹介していきます。


シールで保護して施術する

凹凸のあるほくろや、濃く大きめのほくろの場合、サロンやクリニックでは、専用のシールで保護することにより、光があたらないようにしてから施術を行います。
シールでほくろを保護すると、その場所に光があたらなくなりますので、火傷の危険性がなくなりますので、安心して施術を行うことができるという訳です。

ただ、シールで保護した部分の周辺は、どうしてもムダ毛が残ってしまうということはありますので、あらかじめ頭の中に入れておかなければならない事です。
また、シールで保護できないくらい大きなほくろがある場合には、残念ながら、その部位のせができないということになってしまいます。

 

ほくろが小さい場合

ほくろに対して全てシールで保護しなければならないという訳ではありません。
中には、小さなほくろであったり、凹凸がないようなほくろ、小さくて色が薄いようなほくろの場合は、そのまま施術が可能になる場合もあります。この判断はサロンやクリニックによって違うということになりますが、一般的にサロンの場合は、医療機関ではありませんので、万が一の肌トラブルの際に敏速な対応ができません。ですから小さなほくろであったも、シールで保護することが多いです。


クリニックの場合ですと、小さなほくろに対しては、出力レベルを下げて、そのまま照射するということがあるようです。
全ては通っているサロンやクリニックの判断によるところにはなりますので、方針に従っていくしかないということになります。


ほくろ自体を取り除く

シールにより保護できないほど濃くて大きなほくろがある場合、脱毛する前にそのほくろを取り除いてしまうという方法もあります。
ほくろを取り除くことは、医療行為になりますので、サロンではできないので、クリニックでの対応ということになります。
ですので、ほくろの除去のできるクリニックで相談してみると良いでしょう。
ほくろを除去するのにかかる費用としては、一万円から三万円程になります。


体にほくろやしみがたくさんある場合

体にほくろやしみがたくさんある場合というのは、どうしてもシールにより保護しなければならない部分が多くなってしまいますので、効率的な脱毛が難しくなってしまうケースがあります。そんな方にもほくろがあっても脱毛ができる方法があります。

それがSHR脱毛と、ハイパースキン法という脱毛です。SHR脱毛は、通常の、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛よりも低温の光を細かく照射するというもので、メラニン色素にも反応しない脱毛方法であるため、ほくろがあっても安全に施術を行うことができます。ハイパースキン法は、SHR脱毛よりもさらに低温の光での施術が可能になっていますので、肌にも優しいですし、ほくろのある場所でも安心して脱毛ができるのです。

 

まとめ

ほくろは、人間誰しもが持っていて当然のものです。脱毛を行う場合、そのほくろがどのような状態であるのかによって、対処方法は違ってくることになりますが、ほくろがあるからということで、脱毛ができないということにはなりません。ですからサロンやクリニックで、判断を仰ぐことにより、安全に施術ができるようにしていくことが大切になります。

 

キャンペーン

ビー・エスコート キレイになるためのコンテンツ きれいになる女性

ビー・エスコートコラムを読む

無料カウンセリング予約 一部店舗でオンラインカウンセリング実施中