光脱毛は産毛処理に有効なのか? 方法の効果やリスクについて

産毛の脱毛処理の情報を欲している方に対して、産毛の処理に困っている方に光脱毛の種類によってどれだけ処理ができるのか? と思われる方もいるでしょう。

脱毛すると良いことがあるのでしょうか。

この記事では、産毛に対する光脱毛の処理における産毛処理の効果やメリットについてと、そのリスクに関して紹介していきます。

 

光脱毛は産毛にも効果があるの?

産毛

光脱毛であっても、産毛を処理できることはできますが、通常の脱毛に比べるとなかなか効果が出にくいものです。

 

光脱毛は色素に反応することによって脱毛を促す面があり、産毛はその色素の色が薄いものですから、なかなか効果が出にくいところがあります。

ですが、脱毛の種類によっては、効果が出にくい産毛の部分であってもより効果を上げることができる方法もあります。

光脱毛の種類によって、どれくらい産毛に効果が期待できるのでしょうか。

 

光脱毛の種類ごとの産毛への効果

光脱毛

主な光脱毛の方法に挙げられるのが

  • SHR脱毛
  • SCC脱毛
  • IPL脱毛

の3つです。

脱毛処理の方法は以下のものがあります。

それぞれの処理方法には、産毛に対しての効果が異なります。

どのような違いがあるかについて解説していきます。

 

SHR脱毛

SHR脱毛は、バルジ領域という毛根よりも上の部分に位置するところを刺激するもので、比較的弱い光で徐々に熱をため込んで、この領域にダメージを与える脱毛方法です。

バジル領域には毛のもととなる細胞と、黒い毛を生成する細胞がありますので、この部分を刺激して毛を生えにくくします。

 

黒い色素に関係なく脱毛できる方法であり、産毛にも効果を十分期待できる方法です。

痛みも少なく、脱毛期間も通常よりも速くすることができる特徴があります。

 

SCC脱毛

SCC脱毛は、脱毛する部分に特殊なジェルを塗った後に、光を当てることによって脱毛をする方法です。ジェルのみだけでも、毛根部分に作用するものであり、毛が生えることを抑える効果が期待できます。

 

そこにジェルのみに反応する光を照射することによって、毛にダメージを与えて脱毛を促します。火傷のリスクも少なく、色素の薄い産毛にも十分に効果が期待できます。

 

IPL脱毛

こちらは典型的な色素に反応するタイプの脱毛方法です。

キセノンランプという黒い色素に反応しやすい光を当てることによって、毛の奥まで熱が伝わっていくことによって毛や毛根にダメージを与えることで、毛が生えることを抑えるという効果があります。産毛には効果が薄いことが特徴としてあります。

 

光脱毛で産毛を脱毛するメリット

笑顔女性

脱毛で産毛処理を行うことはさまざまなメリットになります。

ここでは、どのようなメリットがあるのかについて、それぞれ解説していきます。

 

処理の手間がかなりなくなる

光脱毛で処理をすれば手間や時間が少なくなる面があります。

産毛というのはかなりの量があり、その数は見た目にはわかりにくいですが、顔だけでも1万本以上あると言われています。

 

これを一本一本処理していくとなりますと、かなりの時間がかかってしまうでしょう。

その処理を一気に行うことができますので、処理の手間をかなり軽減することができます。

 

化粧のノリが良くなる

産毛の処理によって化粧のノリが良くなる面があります。

産毛がありますと、毛に化粧の粉などがついてしまうため、肌にうまく化粧が乗ってくれません。ですが、産毛がなくなりますと化粧ノリが良くなり、乳液なども浸透しやすくなりますので、化粧の効果が大きくなります。

 

また、毛があることでちょっと肌が暗く見えたりする面も、明るさが出てきますので、お肌の手入れがより良くなります。

 

肌トラブルが少なくなる

毛の処理につきものなのが、傷つくことによる肌トラブルです。自己処理ですと素人が行うことですから、肌がより傷つきやすいものです。プロの施術によって、しっかりと脱毛することによって、今後肌トラブルが起こるような毛の処理をしなくても済みますので、お肌にもいいというわけであります。

 

毛穴が引き締まることもありますので、ニキビ予防や黒ずみ対策といった他の肌トラブルを防いでくれます。

 

光脱毛で産毛処理するなら知っておきたい注意点

ここでは、産毛脱毛の処理について解説していきます。

 

硬毛化

光脱毛によって毛が濃くなるようなケースがたまにあります。

脱毛しているのになぜ? と思われますが、理由としては本来であれば、光によって毛根にダメージを与えて毛が生えてこなくなるようなことがあるのですが、逆に毛を刺激するケースがあります。

 

光があまりに弱かったりすると、熱がちょっと弱かったり、微妙にしか傷つかなかったときによって、かえって再生を促すことによって毛が固くなるケースがあるようです。

 

多毛化

光脱毛によって毛の量が増えることもあります。

こちらも、硬毛化と同じで光の刺激によって、脱毛効果が出るまでの量が足らず、かえって毛が増えてしまうように作用するのが原因です。

 

本来なら、双方とも確率的にはそこまで出ることはありませんので、リスク面としてはそこまで心配はありません。

また、双方とも、しっかりとした毛が生えているところよりも産毛の方が多い場所にできやすいケースですが、毛が濃くなったりすれば、かえって光脱毛の効果は上がります。

 

ですので、施術回数をこなして脱毛を根気良くすることによって、これらのリスクはしっかりと対処ができます。

 

まとめ

産毛への光脱毛は「SHR脱毛」と「SCC脱毛」であれば十分効果をもたらしてくれることをご紹介しました。産毛の光脱毛を受けることによって「処理の手間がかなりなくなる」「化粧のノリが良くなる」「肌トラブルが少なくなる」というメリットがありましたね。その反面「多毛化」「硬毛化」というトラブルを招く場合もあります。

 

ビー・エスコートでは国内最新機器のSHR脱毛を使用しております。お肌に優しい光脱毛なので、産毛の方もぜひ一度カウンセリングにお越しください。