光脱毛の種類3つ!メリット&デメリットを徹底比較

光脱毛を受けてみたいけど、何も知らないまま受けるのは不安。どのような仕組みや効果があるのか知りたいと思っている人もいるでしょう。

光脱毛には種類があり、種類によって施術に違いがあり特徴が異なります。

今回は、光脱毛の種類について紹介していきます。

 

光脱毛にはさまざまな種類がある

光脱毛とは主に脱毛サロンで行われる脱毛方法です。

脱毛サロンでは決まりがあり、脱毛クリニックの施術で使われる医療レーザーのような強力な脱毛機械ではありません。これは、医療従事者がいない脱毛サロンでは、脱毛の威力が強すぎる機械を使うことができないからです。

 

ただ、脱毛サロンの施術で受ける「光脱毛」は、確かな効果があります。

一口に光脱毛といっても実は光脱毛の種類は一種類だけではありません。そのため、自分に合う「光脱毛」を選ぶことが大切です。

それでは、光脱毛の3つの種類について紹介していきます。

 

光脱毛の種類~SHR~

光脱毛

光脱毛の種類の一つであるSHR脱毛とは「スーパーへアリム―バル脱毛」の略称で、別名「蓄熱式脱毛」とも呼ばれています。この脱毛は比較的新しい光脱毛の種類です。

SHR脱毛は毛が生えている部分そのものである毛包に直接働きかけ、たった10秒の間に約1000本ものムダ毛に作用する光脱毛です。

 

従来の方法とはまったく違った方法で脱毛を行うため、さまざまなメリットがある光脱毛です。今かなり注目されている脱毛方法で、おすすめです。

 

【SHR脱毛のメリット・デメリット】

SHR脱毛のメリットは、毛周期のことを考えずに脱毛ができることです。

SHR脱毛とは今までの方法とは違い毛周期を気にせずに脱毛ができます。普通はムダ毛に毛周期があるので、短いスパンで脱毛しても効果の実感を得ることができません。

 

そのため、脱毛するのに2~3か月ほど期間を空けないと施術を受けることができませんが、SHR脱毛ならその必要がないのです。

このことから、ほかの脱毛機と比べて短い期間で脱毛を受けることができます。

また痛みが少ないことが特徴でもあります。光脱毛の中でも一番と言っていいほど痛みが少ないのがSHR脱毛です。

 

痛いというより肌がほんのり温かくなるくらいで脱毛ができるので、なるべく痛くない脱毛方法をお望みの方におすすめです。

 

そして一番の注目が従来の光脱毛やレーザー脱毛ではできなかった、「日焼け」「ほくろ」「アザ」が合っても脱毛できるところです。

 

そのほかにも、白髪や産毛にも効果があるので、どのような人でも施術を受けることができるでしょう。ただ現在はまだ普及しておらず、利用できる脱毛サロンが少ないということがあります。

 

光脱毛の種類~SCC~

光脱毛

光脱毛の種類の一つであるSCC脱毛とは「スムーススキンコントロール」の略称で、イタリアで開発された脱毛方法です。国内のさまざまな脱毛サロン店で利用されている脱毛方法であり、日本でも良く知られる光脱毛の一種です。

 

抑毛効果のあるジェルを塗り込み、そのジェルに弱めの光をあてることでじわじわと毛根にダメージを与えて脱毛していきます。従来から利用される方法なので、信頼できる光脱毛です。

 

【SCC脱毛のメリット・デメリット】

SCC脱毛はジェルを塗ることにより、直接光をあてないで脱毛ができるので、痛みが少ないことです。デリケートな肌でも肌荒れなどのトラブルが起きにくい特徴がります。ほかのそのほかにも脱毛器と比べて「やけど」のリスクが少ないので、安心して脱毛ができます。

 

利用されるジェルには美容効果があり、美肌効果があるところもメリットといえるでしょう。

 

反対に、SCC脱毛のデメリットは、毛周期に合わせて脱毛をする必要があることです。

SCCは成長期のムダ毛にしか効果が出ないので、休止期である毛穴には何の働きもしません。そのため、毛周期を重視し、脱毛期間を2~3か月に1回と施術期間を空けなくてはいけません。

 

光脱毛の種類~IPL~

光脱毛

光脱毛の種類の一つであるIPL脱毛とは「インテンスパルスライト」の略称で、黒い毛を通して脱毛を行います。SSC脱毛と同じく毛根にダメージを与えて脱毛する方法であり、毛根を弱らせて毛が生えにくくなることで脱毛をしていきます。

 

【IPL脱毛のメリット・デメリット】

IPL脱毛のメリットはレーザー脱毛よりは痛みが少ないことです。SHR脱毛やSCC脱毛には及びませんが、痛みはそれほど強くはありません。また肌を活性化させる効果があり、お肌にできた黒ずみ解消効果があります。

 

ムダ毛の処理のしすぎなどで黒ずみが気になっている方にはおすすめします。他の光脱毛と比べるとメリットは残念ながら少なめです。

 

反対にIPL脱毛のデメリットとしては、SCC脱毛と同様で、毛周期に合わせて脱毛に通う必要があることです。これは、黒いムダ毛に自動的に照射するタイプの光脱毛のため、毛周期が重要です。このことからなかなか脱毛効果が出るまでに時間がかかります。

 

それ以外にも「日焼け」をしていると脱毛ができませんし、産毛に対しての脱毛効果が低いことが挙げられます。

 

まとめ

今回は、脱毛器の種類について紹介しました。

脱毛サロンで施術を受けることができる「光脱毛」はさまざまな種類があります。

それぞれの種類ごとに、特徴やメリット・デメリットが異なりますので、自分に合った方法を選び、脱毛の施術を受けるようにしましょう。

 

ビー・エスコートでは、国内最新機器の「SHR脱毛」を使用しております。ビー・エスコートは日本エステティック経営社会(JEM)認定を受けている安心で安全な光脱毛サロンです。お痛みもほぼなく、一部分単位の照射範囲が広いため、効率良く脱毛することが可能です。

 

少しでも脱毛に関してお悩みなどがございましたら、お気軽にお問合せください。