光脱毛の効果は?痛みがあるって本当?どれくらいの痛みか知りたい

“脱毛”と聞けば女性であれば誰もが1度は意識したことがあるのではないでしょうか。

夏になれば毎日手入れをしていても夕方になれば手を挙げれない!なんて思ったこともあるのではないでしょうか。

 

噂の光脱毛とはどんな方法で脱毛を行い、なぜ痛みが出るのか理解した上で選んでもらえると良いかなと思います。また痛みを少しでも和らげることができる方法もご紹介したいと思います。

 

光脱毛が熱く感じる理由とは?

脱毛

光脱毛の仕組み

光脱毛とはサロンでできる脱毛方法の1つでフラッシュ脱毛とも呼ばれいて、写真のフラッシュを肌に当てるようにして行う脱毛方法です。

 

毛が生えてくる根っこの部分には毛母細胞というのがあり、この毛母細胞に光をあて細胞を壊すことで毛が生えなくなる仕組みです。

「毛周期」に合わせて行う脱毛方法になります。

 

同じ光を当てて行う脱毛方法にレーザー治療があるのですが、こちらは医療機関でしかできないことや1度に当てる光のエネルギー量が多い事からより肌に負担がかかりやすいという違いがあります。

 

光脱毛の方が肌への負担は少ないですが、一度に与えれる刺激が少ないので回数を重ねて行う必要があります。

 

なぜ熱く感じるのか

毛母細胞は肌の他の中の細胞と比較してもメラニン色素を多く含んでいます。

なので光脱毛を行う際、毛母細胞に合った波長に合わせて施術を行うことで他の細胞への刺激を少なくして行うことができます。

 

しかし肌全体に光を当てているので、他の細胞も影響は受けています。

この他の細胞が受けた光のエネルギーを逃がそうと光のエネルギーを熱のエネルギーへと変換し放出します。そのために“熱い”と感じるのです。

 

光脱毛で熱く感じやすい部位は?

vio

・VIO脱毛

Vライン=ビキニライン、Iライン=陰部の両側、Oライン=肛門周辺

・あご髭

・鼻の下

は特に痛みを感じやすいと言われています。

 

《血管や神経が集中している部分》は痛みが脳にダイレクトに伝わりやすく、《皮膚が薄い部分》は刺激に敏感で痛みに反応しやすい。

 

そして《毛が密集している》場所はメラニン色素を多く含んでいることから、光エネルギーを一気に吸収しやすいので痛みに繋がりやすいです。とくにVIOはこの条件が当てはまるので特に痛みを感じやすいと言われています。

 

この条件に当てはまるところは痛みを感じやすいと覚えておくと良いでしょう。

 

光脱毛はどれくらい熱い?経験者の口コミ

《VIO脱毛の中でもIラインは一番痛みがきつかった…光脱毛でもレーザーでもここは痛いものは痛い、仕方ないかもしれないけれど》

 

VIOは毛の密集度が高い分、痛みを感じやすいのでどうしても避けられないですね。肌への負担が少ない時期を選ぶ、体調を万全にしていくなどして負担を減らすことで痛みを緩和することができるでしょう。

 

《光脱毛は痛くないって聞くけど、嘘じゃないか。痛くない部分は軽いデコピン、痛い部分はゴムパッチンレベル》

 

光脱毛は種類もいくつかありますので、自分にあった種類を選ぶことで痛みを緩和することができるのではないでしょうか。光脱毛は何度も通う必要があるので、あまり痛みが続くのであればサロンの人と相談して自分にあったものを選べると良いでしょう。

 

《あごやひげ周り痛かった…けど自宅でできるのもあるらしく、毎日のことならこっちでいいかと買ってみた》

 

サロンで光脱毛はレーザー脱毛よりもお財布に優しいですが、さらに長い目でみると安く済むのが自宅用の脱毛機器です。

 

光脱毛は永久脱毛という訳ではないので、長い目で考える人は自宅用を検討してみてはいかがでしょうか。しかしサロンならではのメリットももちろんあるので、比較して検討すると良いでしょう。

 

熱痛い脱毛の痛みを和らげるには?

疑問 女性

脱毛する日程やケアの仕方を工夫するだけで痛みを和らげることが可能です。

 

生理前や生理中の施錠は避ける

生理前はホルモンバランスが崩れやすく乾燥や油分が増え肌トラブルが増えやすい時期です。皮膚も敏感になっているので痛みを感じやすいので避けるようにしましょう。

Vラインの脱毛時には衛生面から禁止しているサロンもあります。

 

生理周期を基準にするのであれば、生理後の1週間程度はエストロゲンが増え肌の水分量が多くなっているので脱毛するには最適な時期とも言えます。

 

風邪など体調不良の時は避ける

風邪や睡眠不足、体調が優れないと感じるときは体の免疫力が下がっているので普段は反応しない些細な刺激であっても反応しやすくなっています。

 

そのため皮膚炎や色素沈着といったトラブルに繋がりやすいので、体調が優れないときは施術は控えましょう。

 

脱毛期間はしっかりと保湿を行う

乾燥した肌は光の吸収が高くなるので痛みを感じやすくなります。

保湿がしっかりとされている肌であればバリア機能も高いのでより効率よく毛母細胞を刺激し脱毛効果が得られやすくなります。

 

脱毛の種類を変えてみる

光脱毛には光の種類や当たる範囲が違う種類があるので、変えてみるのも良いでしょう。

人の肌も様々なので、自分にあった波長の種類を選べば痛みを少なくして効率よく脱毛することが可能です。

 

冷却時間や光の量お調節してもらう

可能なのであれば冷却時間を長めにとってもらったり光の量を弱くしてもらいましょう。

しかし光の量を減らすと効果も薄くなるので、痛みと相談しながら決めると良いです。

 

まとめ

肌を見せる夏が近づくと女性は敏感になりますよね。

 

レーザー脱毛と光脱毛は同じ光をあてて行う脱毛方法ですが、光の量や強さで感じ方も脱毛を実感する期間や効果も料金も異なりますので、《自分の希望を叶える自分にあった脱毛方法》を見つけられると良いですね。

 

キャンペーン