光脱毛で脱毛する場合にかかる回数と期間

光脱毛に通う期間は脱毛する部位や何か所施術するかにもよって違います。初めて光脱毛する場合、「どのくらいの期間がかかるのか」「回数はどのぐらいかかるのか」わかりませんよね?そこで今回は光脱毛にかかる回数と期間についてお話していきたいと思います。

 

光脱毛は数回通わないと効果が得られない?毛周期(ヘアサイクル)と脱毛の仕組み

脱毛

最近では脱毛サロンやエステなどか増えたことにより、利用者にとっては、身近な存在となってきた脱毛。その中でも光脱毛もかなりメジャーな存在となってきました。

脱毛回数には、個人差があり、脱毛箇所や部位の違い、毛が濃いか薄いかによっても異なります。

施術に複数回を要するのは、毛周期(ヘアサイクル)が関係するからです。毛周期は成長期・退行期・休止期・脱毛期、主に3つに分けられます。

毛周期とは、毛が生えてから抜けるまでの成長周期のことです。ここでは、このサイクルの周期を詳しく説明していきます。

 

「成長期」

成長期は、毛が最も伸びる時期のことをいいます。成長期は毛の素である毛母細胞の細胞分裂が活発に行われている段階です。部位によって成長のスピードは異なります。理由はこの後、お話しますが、この時期に光脱毛をするのが一番効果的です。

 

「退行期」

退行期は脱毛の準備に向けて成長が止まる時期のことをいいます。

毛根の一番深いところにある毛球の退縮が始まり、また毛を包むように存在している毛包も縮んでしまうため、毛は伸びなくなります。

 

毛母細胞の細胞分裂が止まることにより、毛根が小さくなっていきます。毛細血管から毛に栄養を与えていた毛乳頭が毛母細胞と離れていくからです。

これによって毛根が表皮側に押し上げられることで毛が抜けやすくなります。

 

「休止期」

休止期は、毛根の細胞分裂が止まって毛が皮膚にとどまっている時期のことをいいます。毛が抜ける状態で、毛が自然と抜けて次の毛が生えるまでの準備期間になります。

この期間は新たな髪が生まれることも成長することもありません。成長が止まった髪の毛は、次の成長期の早い段階で新しい髪の毛に押し出されて抜け落ちます。

 

「脱毛期」

脱毛期とは、脱毛に適している期間のことをいいます。休止期から新しい毛の成長期にかけて新しい毛に押される様に古い毛が抜けていく期間を指します。この期間に脱毛すると効果が得られやすいのです。

 

何回くらい脱毛に通えばいいの?

疑問女性

脱毛施術が複数回かかるのは、毛周期が関係していることは、わかったと思いますが、先にも述べたように、実際に光脱毛にかかる回数は部位によっても違いますし、個人によっても毛周期も違います。

また、毛が生える身体の部位ごとで毛周期や皮膚の表面に出ているムダ毛の割合は、異なります。

 

主なムダ毛の部位では、表面に20~30%の毛しか出てきておらず、残りの毛は休止期か皮膚の下で育っている最中になります。

この毛周期の違いによって回数も変わるのです。ここでは部位ごとの毛周期の違いと光脱毛の回数についてお話していきます。

 

・脇

脇の毛周期ですが、成長期の長さは3ヶ月~5ヶ月。退行期・休止期の長さは3ヶ月~5ヶ月。表面に出ている毛の割合はおよそ30%です。

脱毛するなら成長期にしなければ意味がありません。成長期には毛根の毛母細胞が活発に働き、毛根にメラニン色素がたくさんある状態ですので、光がメラニン色素に反応して、脱毛の効果が得られやすいのです。

 

脇の光脱毛にかかる回数は当然個人差もありますが、光脱毛なら効果を感じ始めるまで3回ぐらいが多く、平均的には6~7回ぐらいで自己処理をする負担が減るぐらいになります。ツルツルすべすべの肌を目指す場合、12回~回数無制限で脱毛は完了します。

脇の光脱毛を完了する期間は、2~3年を目安にしてください。

 

腕、

腕と脚の毛周期ですが、成長期の長さは4~5カ月。行期・休止期の長さは4~5カ月。表面に出ている毛の割合はおよそ20%です。

腕の光脱毛はひじ上とひじ下に分かれています。ひじ上の場合は12回ぐらいで、ひじ下になると18回ぐらいで効果を感じ始める方が多いです。脇と同様にツルツルすべすべの肌を目指すのであれば、およその目安として、ひじ上18回、ひじ下20回ぐらいで、脱毛は完了します。

ひじ上とひじ下を組み合わせた腕全体の毛を脱毛するなら、6~10回ぐらいが目安になります。腕は脱毛効果が目で確認しやすい部位ですが、毛が細いためにすべてのムダ毛がなくなるまでは1年程度の期間を要します。

 

脚の光脱毛も腕と同様にひざ上とひざ下に分かれています。ひざ上の場合15回ぐらい、ひざ下は18回と少し回数が多くなります。ツルツルすべすべの肌を目指すのであれば、

ひざ上18回、ひざ下20回ぐらいで脱毛は完了します。

脚は光脱毛を完了する期間は1年~2年を目安にしてください。

 

・VIO

VIOの毛周期ですが、VIOの成長期の長さは1~2年。退行期・休止期の長さは1~1年半。表面に出ている毛の割合はおよそ30%です。

VIOの光脱毛にかかる回数の目安は、効果を感じ始めるまでには、3回~5回程度。産毛程度にするなら、産毛程度にするのであれば、およそ12回程度かかります。ツルツルにする場合には、およそ18回程度を目安にしてください。

個人差もありますが、光脱毛にかかる期間は2~3年ぐらいはかかると思っておいたほうがいいでしょう。

 

少ない回数で効果的に脱毛を行うための注意点

女性注意点

光脱毛は、何回かに分けてサロンやクリニックに通う必要がありますが、できるだけ少ない回数で効果的に脱毛したいですよね。ここでは、肌の保湿と脱毛期間中に気をつけたいポイントをお話します。

 

肌の保湿をきちんとする

脱毛後に注意しておきたいことは、保湿をきちんと行うことです。光脱毛は肌の表面に光を当て、毛根などにダメージを与える脱毛法です。脱毛した後の肌は日焼けをした時と同じです。そのため、肌の表面には熱がたまっている状態で肌の表面が乾燥しています。

肌に赤みが出るなどの肌トラブルを起こしたり、肌荒れなどを起こしたりすることがあるので保湿をしっかりと行ってください。乾燥してしまうことにより、光が毛穴に届きにくくなり脱毛効果が薄れてしまうのです。それだけでなく水分量が少なくなると、ダメージが強くなってしまうのです。

 

脱毛後の入浴

脱毛後に入浴する場合には、お風呂の温度を低めにしてください。熱い湯船に浸かってしまうと肌はデリケートな状態になっていますので、肌トラブルを起こしやすくなります。

シャワー程度にしてください。また、シャワーを浴びた後には必ず保湿のケアが必要になります。特に保湿クリームなどを使用する場合には、刺激の少ない赤ちゃんや肌の敏感な方が使用する物を使用してください。

 

薬の服用に注意する

薬を服用する場合で、服用している薬によっては脱毛時に光線過敏症と呼ばれる皮膚の炎症を起こしてしまう場合があります。特に脱毛期間中にウイルス性の病気にかかってしまった場合、抗生物質や解熱剤などを服用することがあります。その場合は、必ず脱毛の施術を1回キャンセルしてください。

 

飲酒は控える

脱毛前の飲酒は身体の血行が良くなってしまうことで肌のほてりや脱毛時の光をより熱く感じてしまうので、酷い痒みなどを感じやすくなります。肌荒れの原因になってしまいます。また、脱毛後の飲酒は、体温が上がって、肌が乾燥しやすくなっています。肌の乾燥は脱毛効果の低下にもなりますのでお酒好きの方は脱毛の施術を受ける前日には飲酒を控えることが大切です。

 

まとめ

光脱毛に通う期間は脱毛する部位や何か所施術するかにもよって違うことがわかったと思います。これらを参考にして毛周期を知り、より少ない回数で効果的に光脱毛を行ってくださいね。

ビー・エスコートでは、一部分ごとの照射範囲が広いため、より効率的に脱毛することができます。また、お痛みもほぼない光脱毛を使用しているので、安心して安全に脱毛を受けていただけます。

何か脱毛に関してお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお越しください。