へそ周り 脱毛でへそ周りをしたい!へそ周りってどこからどこまで? (大きく分けて部位範囲ややることのメリットなど)  

衣類から露出している肌は人目につく機会が多いため、そこに生えているムダ毛の存在はとても気になるものです。

ヒジから下やヒザから下の脱毛人気が高いのは、そういったことが理由となっているからでしょう。

ワキ脱毛の人気が高いのは、ワキはふとした瞬間に目につきやすく、意外と露出度が高いうえに、太くて黒い毛がたくさん生えてくるからです。

そんなワキ毛の存在を気にする人が多くいることが、高い人気の理由です。

では、人目に触れる頻度の少ない部位は、ムダ毛はあまり気にならないものでしょうか。

あまり目立たないけど、そこに生えているムダ毛もすごく気になる!という部位の脱毛事情を覗いてみましょう。

 

へそ周りは目立たない部位のムダ毛?

へそ

へそ周りって目立たないと思いがちなムダ毛ですよね。男性で生えているのは見かけることはありますが、女性も気になっているのでしょうか。

人気が高い脱毛部位は、やはり人目に付く機会が多い部位です。

ファッションという観点からも、体のあちこちに生えてくるムダ毛は、やはり邪魔な存在です。

 

ムダ毛を気にせずにファッションを楽しみたいと考えれば、部分脱毛にこだわらず、一気に全身脱毛に取り組んだ方が効率的だと考える女性が多いため、全身脱毛はいつも高い人気を集めています。

ファッションに影響を与えないような部位や、いつも下着で隠れているような部位ならば、ムダ毛はほったらかしでもいいと思いがちですが、世の中の女性は意外とそうではありません。

 

人目に触れる機会が少ない部位であろうと、自分の体にムダ毛が生えているのを見てしまうとなぜかがっかりした気持ちになり、脱毛したいと思ってしまうものなのです。

 

へそ周りだけじゃない! 意外とムダ毛が気になる部位

指

では女性たちは、人気脱毛部位以外の、どんな部位のムダ毛を密かに気にしているのでしょうか。

VIOラインも常に下着で隠れているため、水着着用時以外は目立つことがない部位です。

ですがこのラインは、元々人気の高い脱毛部位となっているため、今回はVIOライン以外で、目立たずとも気になるというムダ毛を、インターネットで調査してみました。

 

①指

指にも意外と毛がフサフサ生えていてびっくりした!(20代)

サンダルを履いた際、足の指にムダ毛が生えていて恥ずかしい思いをした(30代)

 

②お腹

温泉に行って、マジマジと自分の体を見た時、お腹に、特にへそ周りにムダ毛が生えていてびっくりした。(20代)

 

③背中

少し背中が見えるフォーマルな服を着た時、背中にもムダ毛がびっしり生えていて恥ずかしかった。

背中は普段見えないので、気づかなかった。(30代)

 

普段よく見ているようで見ていない部位だったり、めったにしないファッションをすることで露わになる部位だったりと、ふとした瞬間に、ムダ毛の存在に気づく部位もあるようです。

 

へそ周り脱毛とは?

へそ

そんな意外とムダ毛が気になる部位の中に、へそ周りがあります。

お腹全体にもムダ毛は生えてきますが、多くの人がこの部位のムダ毛は、産毛レベルの薄く細いムダ毛でしょう。

 

≪へそ周りの脱毛≫

へそ周辺のムダ毛も同じく、産毛レベルの毛がほとんどですが、VIOラインのムダ毛が少し濃いめの人の中には、へそ周りも少し黒くて太い毛が生えてくる人がいます。

へそ周りは、日常的に人目にふれる部位ではありませんが、水着姿になった際には目についてしまう部位です。

 

VIOラインやワキのムダ毛ばかりを気にして、うっかりへそ周りのムダ毛を見落としていたという人も多くいるでしょう。

そのため、VIOラインの脱毛と合わせて脱毛する人が増えているのが、へそ周りの脱毛なのです。

 

≪へそ周りの範囲≫

サロンやクリニックでへそ周りの脱毛をしたい!と思った時、気になるのはその範囲や料金ですよね。

サロンやクリニックによって違いはありますが、ほとんどの場合において、へそ周りだけの部位脱毛も、へそ周りを含んだお腹全体の脱毛も、どちらのコースも設定されています。

 

その際のへそ周りの範囲は、へそから半径約5㎝以内の範囲としているところがほとんどです。

へそ周り脱毛の料金は、他の部分脱毛と比較しても、低価格の傾向にあります。

へそ周りだけを脱毛するよりは、お腹脱毛としてへそ周りを含んだお腹全体を脱毛する料金の方が、お得になるように設定されています。

 

へそ周り脱毛のメリット

では、へそ周りの脱毛をするとどんなメリットがあるでしょうか。

 

≪自己処理による肌荒れ≫

へそ周りは、自分で簡単に手が届く範囲でもあるため、カミソリやシェーバーを使ってムダ毛を自己処理する人もたくさんいます。

お腹周りの肌は、さほどデリケートではないため、トラブルが発生する確率はそう高くありません。

 

ですが、カミソリなどで自己処理を続けていると、肌が色素沈着を起こしたり、肌荒れを起こしたりと、肌トラブルに発展する可能性が出てきます。

黒ずんで見えたり、再度生えてきたムダ毛が太く見えたりと、かえってへそ周りが目立ってしまうという残念な結果を招くこともあります。

 

また毛抜きなどで自己処理してしまうと、かなりの痛みを伴い、肌トラブルのリスクは高くなってしまいます。

そんなことになる前に思い切って脱毛すれば、自己処理による肌トラブルの可能性もなくなり、へそ周りが逆に目立ってしまうような事態を避けることもできます。

 

ツルツルとした、きれいな肌のお腹を手に入れることができるのです。

 

≪うっかり忘れからの解放≫

普段は、へそ周りを人に見られる機会はあまりありません。

夏になり、水着姿になれば人目に触れる機会も増えますが、その際うっかりへそ周りのムダ毛の処理を忘れると、とても恥ずかしい思いをすることになります。

へそ周りのムダ毛は、目立つ部位ではないけれども意外と気になるムダ毛です。

 

水着姿になる季節に、VIOラインは気にしてきれいに脱毛したのに、へそ周りの脱毛をうっかり忘れて慌てる人も多くいます。

脱毛しておけば、このようなムダ毛のうっかり処理忘れからも解放され、恥ずかしい思いをすることもなくなります。

 

≪ホルモンバランスによる変化≫

女性は、妊娠や出産を経験するとホルモンバランスに変化が見られます。

へそ周りは、そんなホルモンバランスに影響を受けやすく、妊娠や出産を機にムダ毛が濃くなることもあります。

定期検診など、妊娠するとお腹周りを人に見られる機会も増えるので、脱毛しておくととても安心です。

 

ですが、妊娠中の脱毛はできないため、早い時点で脱毛を完了させておくことをおススメします。

 

まとめ

一見目立たないかと思われるへそ周りの毛。しかし、ホルモンによって多くなったり少なくなったりするので、意外と目立ってしまうことがある毛でもあります。生えている人が少ないのかなと思われがちですが、意外と生えていることが多いのもへそ周りの毛です。

しかも、何かあった時にへそ周りの毛は処理を忘れていることもあるので、何かあった時に発見されると恥ずかしいことになってしまいます。

処理がしにくい部位だからこそ、脱毛をしてしまうことをお勧めします。

 

ビー・エスコートでは、一部分ごとの照射範囲が広いため、より効率よく脱毛することが可能です。また、店舗はもちろんのこと、スタッフ全員がJEM認定試験に合格している者です。国内最新機器の光脱毛と、高度な技術で、確実に脱毛効果を得てみてください。

脱毛に関して少しでもお悩み・ご相談などございましたら、お気軽にビー・エスコートまでお問い合わせください。