ひざ下脱毛を脱毛サロンで受けるメリット!


夏になると、短パンを履いたり、ショートパンツを履いたりして、オシャレを楽しむ人が多いです。
水着になることもしばしばあるので、その時に気になるのはひざ下のムダ毛です。

目次

  1. 1:ひざ下のムダ毛の自己処理は大変
  2. 2:脱毛サロンで処理してもらおう!
  3. 3:プロが施術するので安心!
  4. 4:腕や脇の脱毛もお薦め

 

1:ひざ下のムダ毛の自己処理は大変


ひざ下は毛の生えている範囲が広いので、自己処理は非常に大変です。
カミソリはカミソリ負けをして肌を傷めるデメリットがあります。

自己処理しても、すぐにチクチクとした短い毛が生えてきます。
夏は1日でムダ毛が生えそろいます。

また、毛抜きは埋もれ毛を作る原因となり、1本1本抜いていては時間が到底足りません。
永久的な脱毛ではないので、その都度自己処理に時間がかかります。
また仕上がりもよくないので、デメリットが多いです。

2:脱毛サロンで処理してもらおう!


脱毛サロンで、ひざ下を処理してもらうのが一番です。
光脱毛ならば、自然な仕上がりになります。

約三か月に一度のペースで光を照射します。
光脱毛は黒いものに反応するという原理を利用し、毛根に反応する特殊な光を照射してダメージを
与える事で、そこから毛が生えなくなる仕組みです。
合計8回から10回くらい照射をし、二年~三年もすれば、一つの部位はきれいになります。

ひざ下は膝小僧など、埋もれ毛ができやすい場所があるので、自己処理をやっても綺麗になるのは難しいです。
光脱毛は毛根の黒に反応するので、確実に毛を減らしてくれます。

光脱毛は肌に対して、弱い光を照射する為、痛みが少ないというのが特徴です。

さらに冷却タオルや冷却パッドなどで冷やしながら、施術をする為、より痛みを緩和できます。

レーザーを照射した部位は日焼けなどに気を付けるようにします。
色素沈着して、シミになることがあるので要注意です。

3:プロが施術するので安心!

ひざ下は自己処理では綺麗にするのは難しい場所です。
範囲が広いですし、細い毛や太い毛がさまざま生えている部位です。

人によってすね毛が男性並みに濃い剛毛な人がいます。
1本でも剃り残しがあると目立ってしまうので、かなりの時間を費やして
確認している人もいるのではないでしょうか。

光は太くて濃い剛毛に強く反応しやすいので、光は濃いすね毛などにとても相性がいいです。
すねは骨が近くにありますので、痛みは他の部位よりも多少は感じますが、冷やしながら行うので痛みは軽減されます。

足の指など、ムダ毛が結構生えている人が多く、自己処理をよく怠る部位ですので、これを機にそちらも綺麗に処理してもらいましょう。

脱毛サロンでの施術は、家庭で自己処理をするより仕上がりはバツグンにいいので、試してみる価値はあります。

施術する人はこれまで多くの脱毛を手助けしてきたプロの方たちばかりなので、安心できますし、肌の悩みなども相談できます。
照射テストをしてから本番に入ることが多いので、肌の極端に弱い方は照射テストの段階で相談して、続けるかやめるかの選択もできます。

4:腕や脇の脱毛もお薦め


夏になると、薄着になるのが当たり前なので、ひざ下は絶対にやっておいて損はない部位ですが
肌の露出が増える時期は特に、腕や脇の脱毛もお薦めです。

半袖やノースリーブや水着になる機会が増えるので、二の腕やひじ下はツルツルのほうがいいでしょう。

腕の毛を処理しておらず、結構ふさふさした女性がいますが、電車の中とかで結構目立っています。
綺麗に処理しておいたほうが見栄えがよく、美しい女性に見えます。

それと、脇は必須の箇所です。
電車の中、オフィスの中、ありとあらゆるシーンで脇は人から見られています。

脇は毛の生えている箇所が小さく、照射する時間も少ないので、両脇でも30分くらいで脱毛ができます。
脇は剛毛で太く濃い毛なので、光と相性がいいので、すぐに効果が出ます。

8回~10回くらいで、ほぼ全体に毛がなくなっているのを実感するでしょう。
ポロポロと毛が落ちていき、最後にはツルツルのお肌が生まれます。

脇は最初にトライしたい部位ですし、絶対にお薦めです。
同時進行で、脇をやりながら腕など、違う箇所を同じ日にできるのも時間を短縮できてお薦めです。