ひざ下にできる黒いぶつぶつの原因は?


女性にとってムダ毛というのは、悩みの種です。

全身のムダ毛を脱毛してしまいたいと感じている人も多いのではないでしょうか。
しかし、脱毛するとなると、たくさんのお金と時間がかかってしまいます。
部分脱毛としてワキやデリケートゾーンなどを脱毛している人は多いかもしれませんが、その他の腕や足などまでは行き届いていないという人も多いでしょう。

目次

  1. 1:自己処理している人にありがちな、黒いぶつぶつ
  2. 2:黒いぶつぶつ(埋もれ毛)の原因は?
  3. 3:間違ったセルフケアが起こす黒いぶつぶつ
  4. 4:家庭用脱毛器にも要注意!
  5. 5:黒いぶつぶつを改善する為には、セルフケアをやめることが一番

 

1:自己処理している人にありがちな、黒いぶつぶつ


自宅でセルフケアをしている人に多いのが、肌トラブルと黒い胡麻のようなぶつぶつです。
特にひざ下の部分にできやすく、見た目にも汚く見えてしまいます。

せっかくムダ毛を処理してキレイにしても、その状態では意味がありません。
特に異性から見られた時に、毛が生えている状態よりも汚いと感じてしまう人が多いのも事実です。
ムダ毛を処理して、毛穴が目立たない状態にすることが本来の目的なのに、毛穴が目立ってしまっている状態では美脚とは言えません。

ひざ下脱毛をする際には特にこのぶつぶつが目立ちますので、処理の仕方には注意が必要です。

2:黒いぶつぶつ(埋もれ毛)の原因は?

それでは、この黒いぶつぶつがどうして出来てしまうのかご存知でしょうか。
この黒いぶつぶつのほとんどが埋もれ毛と呼ばれているものなのです。

埋もれ毛とは、ムダ毛処理の段階で何らかの要因により、皮膚の中で毛が成長してしまったものを言います。
よく見ると、皮膚表面に出てこられずに埋まっている毛を発見することができるかと思います。
この埋もれ毛が出来る原因としては、自己処理により毛穴が開いて、皮膚の下の毛が見えている状態だったり、毛抜きで抜いたことにより皮膚の中で毛が成長していき、皮膚表面に出てこられない毛が埋まっている状態の為起こります。
これが、黒いぶつぶつの正体と言えるでしょう。

3:間違ったセルフケアが起こす黒いぶつぶつ


ひざ下脱毛をした際に、特に黒いぶつぶつになってしまうことが多く、間違ったセルフケアによってこのような症状が出てしまいます。

特に毛抜きで1本1本抜いている人は、稀に毛穴が炎症を起こして目には見えませんがかさぶたができてしまうこともあります。
そのかさぶたが邪魔をして、皮膚表面に毛が出てくることができずに、埋もれ毛となってしまいます。
また、カミソリなどでケアをしている人は、剃り続けることにより毛穴が開いてしまい、毛穴の奥の毛までが見えてしまうようになります。
これが黒いぶつぶつの原因になっているのです。

また、稀に赤いぶつぶつの状態になってしまう人もいます。
赤いぶつぶつの正体は、カミソリ負けによる湿疹です。
古いカミソリを使用したり、清潔ではないカミソリを使うことで、このような状態を招いてしまいますので注意しましょう。

また、除毛クリームなどを使用する場合も、肌を傷めてしまいますので、このような赤いぶつぶつが出来てしまうこともあります。

4:家庭用脱毛器にも要注意!

自宅でできる脱毛器が今は多く売られていますが、この脱毛器を使った処理も、実は同じようにぶつぶつになってしまいます。
脱毛器自体が毛を引っ張って抜いている状態なので、毛抜きで処理をしていることと同じなのです。
その為、時間が経過していくと、黒くぶつぶつとした状態になってしまいます。

また、毛を引っ張ることで炎症を起こしやすくなりますので注意しましょう。

5:黒いぶつぶつを改善する為には、セルフケアをやめることが一番


ぶつぶつを改善する為には、セルフケアをやめることが一番です。

悪化してしまった状態になると、いざ脱毛しようとしても埋もれ毛に対しては対処することができない場合もあります。
そうなる前に改善しておく必要があります。
すでに埋もれ毛がある場合は、保湿クリームを使用し、しっかりとケアしておくことが大切です。

間違ったセルフケアを続けていると美脚どころか汚くなっていきます。
ムダ毛がなく、キレイな美脚を目指すのであれば、やはり脱毛サロンに行くのが良いでしょう。
ぶつぶつとした埋もれ毛がすぐに改善することは難しいかもしれませんが、通い続けることでセルフケアをしなくて済みますし、毛穴のかさぶた状態だったものも改善することができます。
脱毛をエステやサロンですると、高額なイメージがある為、必要な箇所以外を後回しにしている方も多いでしょうが、今はクレジットカードが使用できる場所も増えていますし、価格も昔に比べるととても安価になっています。
セルフケアをし続けて、美脚から遠ざかっていくか、ちょっとお金はかかるけど、着実に美脚に近づける方法をとるかは、あなた次第です。