脱毛方法による値段と効果の違い(ひざ下脱毛編)

2016/03/15
Pocket


医療機関や脱毛サロンで脱毛をすると決めた場合、まず気になるのが値段ですよね。近年、脱毛技術が発展したことにより、脱毛方法の選択肢が増えました。主な脱毛方法としては以下の4つが挙げられます。

  • ・光脱毛
  • ・レーザー脱毛
  • ・ニードル脱毛
  • ・ワックス脱毛

今回は上記4つの脱毛方法の値段・お店に通う期間・回数・メリット・デメリットについて考えていきたいと思います。

なお、今回の記事は「ひざ下脱毛」をモデルに比較していきます。光脱毛は当店を例にしていますので費用等に関して明確に値段を書いていますが、他の施術方法に関しては、他社サロンを参考に値段・回数などを計算していますので、はっきりとした値段を表示することができません。キャンペーンや他の部位とのセット価格などで値段が大きく変わる場合もございます。あくまで目安として参考にしてください。

目次

1:光脱毛(S.S.C脱毛)

光脱毛には2種類(S.S.C脱毛・IPL脱毛)ありますが、今回は当店で使用している脱毛方式であるS.S.C脱毛についてご紹介します。

脱毛範囲はひざ下ですが、正確に言うと「ひざ下(ひざ下表・裏・足の甲指)」が当店の脱毛範囲になります。後述しますが、脱毛範囲は施術する際の重要なポイントです。医療機関・脱毛サロンで脱毛をする場合、脱毛範囲をよくご確認ください。

脱毛範囲

  • ・ひざ下(ひざ下表・裏・足の甲指)

値段

※2016年10月末まで

お店へ通う期間

  • ・10ヶ月〜2年以上

※毛周期に合わせて施術を行います。(個人差があります)

回数

  • ・4〜6回で自己処理が楽に
  • ・8〜12回でムダ毛の心配がいらなくなってくる

※効果には、毛量や肌状態により個人差があります。

メリット

  • ・痛みが少ない
  • ・肌にやさしい
  • ・火傷などのトラブルが少ない
  • ・肌が弱い人でも施術可能
  • ・うぶ毛にも脱毛効果を与えやすい
  • ・一回の施術時間が短い
  • ・一度に広い範囲の施術が可能なので、値段がリーズナブル

デメリット

  • ・効果を実感するまでに時間がかかる
  • ・通う回数と期間が長い

光脱毛はこういう方におすすめ

  • ・痛いのが怖い方
  • ・元々、肌が弱い方
  • ・長期間、しっかり脱毛サロンへ通える方

〜光脱毛(S.S.C脱毛)のまとめ〜

光脱毛でもっとも注意すべきことが通う回数と期間です。今回の例で挙げているひざ下(ひざ下表・裏・足の甲指)の範囲でも10ヶ月〜2年以上という長い期間、脱毛サロンへ通っていただくことになります。

10ヶ月〜2年以上ともなると、脱毛サロンへ通っている最中にお引越しする人もいるでしょう。そのようなとき、お引越し先にも同じ店舗があると便利ですよね。光脱毛での施術を選ぶ場合は、店舗数が多い脱毛サロンに行くのがおすすめです。

さらに回数にも注意してください。あなたがプランニングしたものは回数が制限されていますか? それとも無制限(脱毛し放題)ですか?

上記で説明したように光脱毛は脱毛完了までに回数がかかります。今回、例で挙げた当店のプランのように「脱毛し放題」の場合は回数が決まっていないので自分が納得するまで何度でも通えるのですが、回数が決まっている場合、当然その回数を超えると追加料金が発生します。「5〜6回行けば大丈夫でしょう」なんて甘く考えていると、予想以上に費用がかかる場合があります。

医療機関・脱毛サロンでは無料カウンセリングを実施している店が多いので、そのときにしっかりと話し合い、プランニングしましょう!

 

2:レーザー脱毛(アレキサンドライトレーザー)

専門医しか扱えないレーザー脱毛には2種類(ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザー)あります。今回はアレキサンドライトレーザーをピックアップして書いています。

脱毛範囲

  • ・ひざ下

※前述した光脱毛では当店を例に考察しましたので脱毛範囲を特定しましたが、各社サロンにより脱毛範囲が異なります。ひざ下が「膝小僧も含むのか」「足の甲指は?」など、正確な脱毛範囲に関しましては各社サロンのHPにてご確認ください。これから挙げる値段・回数等はあくまで目安になります。予めご了承ください。

値段

  • ・41,000〜122,400円

お店へ通う期間

  • 約10ヶ月〜1年

※2ヶ月に1回のペースで施術した場合での計算。

回数

  • ・5〜6回で脱毛完了

※毛深い方は約8〜12回かかる場合もあります。

メリット

  • ・脱毛完了までの回数が少ない
  • ・早い段階で効果を実感できる
  • ・医療機関であるという安心感

デメリット

  • ・値段が高い
  • ・光脱毛より痛みがある
  • ・白髪やうぶ毛に効果がない

レーザー脱毛はこういう方におすすめ

  • ・痛くても大丈夫!
  • ・早い段階で脱毛の効果を実感したい
  • ・資金に余裕がある方

〜レーザー脱毛(アレキサンドライトレーザー)まとめ〜

値段が高くてもいいから効果を早く実感したい方はレーザー脱毛がおすすめ

です。ただし、よく注意しておきたいのが脱毛範囲と回数です。レーザー脱毛は1回の値段が高いので、少しでも回数は減らしたいところですよね。

「ひざ下でもどこまでの範囲なのか」

「回数は何回いくらなのか」

「他の範囲(部位)とのセットでの値段なのか」

このような条件を確認しておかないと、脱毛完了までにびっくりするような値段がかかる場合があります。

どの脱毛方法でも言えることですが、最初のカウンセリングのときに店員さんとしっかり相談し、脱毛プランをよく確認しておきましょう。

 

3:ニードル脱毛(絶縁針脱毛)

脱毛範囲

  • ・ひざ下

値段・通う期間・回数

・2,000円〜9,000円(5分〜15分)

※ニードル脱毛は時間制で行っている医療機関が多いです。

※ニードル脱毛は一つ一つの毛穴に針を刺して脱毛していく方法のため、脱毛する範囲の毛量により「値段・通う期間・回数」が大きく異なります。実際に医療機関を訪れ、カウンセリングで期間と回数を確認することをお勧めます。

メリット

  • ・毛根を確実に破壊するため、毛が再生しづらい
  • ・厚生労働省で永久脱毛の認可を受けている
  • ・白い毛(白髪)の脱毛も可能
  • ・針脱毛は長い歴史があり、効果が高いことが証明されている。
  • ・日焼けをしていても施術することが可能

デメリット

  • ・痛みが強い
  • ※痛みには個人差があります。麻酔をして施術するかしないかでも大きく変わります。
  • ・施術以外の料金がかかる(検査料・針代・軟膏代など)
  • ・3〜5mm程度、毛を伸ばしていないと施術できない
  • ・1回の施術時間が長い
  • ・ニードル脱毛を取り扱っている医療機関が減ってきている
  • ・広範囲の脱毛をする場合、金額がかなり高い

ニードル脱毛はこういう方におすすめ

  • ・資金に余裕がある方
  • ・色黒・日焼けなどで光・レーザー脱毛では施術できない部分を脱毛したい方
  • ・白い毛(白髪)を脱毛したい方
  • ・光・レーザー脱毛で納得できるような結果が出なかった方

〜ニードル脱毛(絶縁針脱毛)まとめ〜

1本1本の毛を処置していくニードル脱毛は時間と予算がかかります。今回の記事で仮定している脱毛範囲(ひざ下)のように、広範囲の部分だと費用がかさむのは当然です。まずはワキ・眉毛など、脱毛範囲が小さい場所から試しに施術するのをお勧めします。さらに麻酔クリームや局所麻酔が必要な場合、それらの料金も追加でかかりますので、ご自身の予算としっかり相談して施術を進めていきましょう。

 

4:ワックス脱毛(ブラジリアンワックス)

脱毛範囲

  • ・ひざ下

値段

  • ・4,000〜6,000円

通う期間

  • ・約1ヶ月〜1ヶ月半おきに繰り返し脱毛を行う
  • ※光・レーザー・ニードル脱毛のように永久減耗・永久脱毛ではないので、毛が生えてきたらまた脱毛しなければいけません。

回数

  • ・1回の所用時間、30分程度

メリット

  • ・値段が安い
  • ・施術に所用する時間が短い
  • ・即効性がある

デメリット

  • ・痛みがある(※個人差あり)
  • ・毛を伸ばしていないと施術ができない(5mm程度)
  • ・あくまで一時的な脱毛であること
  • ・脱毛効果は約2〜3週間
  • ・皮膚が弱い方には不向き
  • ・炎症や埋もれ毛になるリスクがある

ワックス脱毛はこういう方にオススメ

  • ・とりあえずお店での脱毛を経験してみたい
  • ・安く済ませたい
  • ・急な用事で脱毛をしたい方
  • ・即効性を求める方

〜ワックス脱毛(ブラジリアンワックス)のまとめ〜

急な用事(海や温泉)が入り、脱毛したいという方にお勧めです。いかにも痛そうなイメージがあるワックス脱毛ですが、思ったよりも痛くなかったという方もいます。(もちろん個人差はあります)値段も安いため、気軽に行けるのもポイントの一つでしょう。

しかし、注意しなければいけないのは炎症や埋もれ毛などの肌トラブルです。施術後の殺菌・クールダウンなど、アフターケアがしっかりしているお店を選ぶのがいいでしょう。

 

まとめ:大事なのはプランニング

医療機関・脱毛サロンで施術する場合、まずカウンセリングを受けることになります。そのときに確認しておきたい大事なことがあります。

  • ・脱毛範囲がどこまで含むのかチェックすること
  • ・決めた値段でできる脱毛の回数

あなたがお店でプランニングした脱毛範囲・値段・回数は最重要です。プランニングしたものが脱毛し放題(回数が無制限)なのか、それとも回数が決まっているのか。今回のように「ひざ下」と言っても、ひざ下のなかでさらに脱毛範囲が細かく分かれています。

例えば、あなた自身は「ひざ下=膝小僧〜足の甲指まで全部!」と思っていたとしても、実際のプランには含まれていないことがあります。

「膝小僧はあなたのプランには含まれていません。別途、費用がかかります」

このように言われて慌てる人もいるでしょう。そのようなことがないように、カウンセリングの段階でよく確認するようにしましょう。

お財布にもお肌にも安心な脱毛を進め、快適な脱毛ライフを送りましょう!

 

Pocket