脱毛で黒ずみ解消!? ひざ下の悩みは光脱毛でまるっと解決!

2016/06/27
Pocket

「日頃からお手入れはしているけど、自分が思い描く理想の足にはまだ遠い……」

食事療法に美容クリームなど、美肌への追求方法はいろいろありますが、その中に光脱毛が含まれることを知っていましたか? あなたが気にしているひざ下の黒ずみは光脱毛で解決するかもしれません。

そこで今回は黒ずみ・シミの原因から光脱毛が持つ美肌効果まで、わかりやすく解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

  1. 1:黒ずみの原因とは?
  2. 2:自己処理がもたらす悪循環
  3. 3:光脱毛で透明感のある肌へ
  4. 4:大切なのは『水分値』

 

1:黒ずみの原因とは?

そもそも黒ずみの原因とは何なのでしょうか?

考えられる原因としては「日焼け」「乾燥肌」「摩擦」の3つが考えられます。

美肌の天敵〝日焼け〟

ご存知の方も多いと思いますが、日焼けは肌の天敵です。肌は紫外線の刺激を受けると、メラニン色素を作ります。このメラニン色素が黒ずみ・シミの原因になることがあります。

どうしてメラニン色素は黒ずみ・シミの原因になるの?

実はメラニン色素というのは皮膚癌の発生を防ぐ役割があります。つまり、お肌のトラブルを守るために生成されるのです。

しかし、日焼けをしすぎてメラニン色素が過剰に生成されると、色素沈着を起こします。この色素沈着が黒ずみ・シミの原因となるのです。

乾燥肌はデリケート

保湿が十分に行き渡っている肌に比べ、乾燥肌はダメージを受けやすい状態です。乾燥肌だと紫外線のダメージを受けやすく、結果、メラニン色素を過剰に生成させてしまいます。

日本の生活スタイルは摩擦がいっぱい!?

あなたがお住いの部屋に畳部屋はありますか? 畳部屋がある人は畳の上に直接座ることが多いと思います。足を折り曲げて座ったり、正座したり、ひざ立ちのまま移動したりなど……

このように日本の生活スタイルは欧米に比べ、ひざ下に摩擦をかける行為が多いです。そして、肌に摩擦をかけると黒ずみの原因になる場合があります。

他にもスキニーデニムのように、肌にピッタリで素材が硬いものも摩擦を起こしやすいです。

 

2:自己処理がもたらす悪循環

黒ずみの原因は日焼けや乾燥肌だけではありません。あなたはムダ毛を気にするがあまり、過度な自己処理を行っていませんか?

毛穴の黒いブツブツの正体=埋もれ毛

カミソリや毛抜きでムダ毛を処理すると、毛穴が傷つき、炎症を起こすことがあります。

毛穴は炎症を起こすと、毛穴が隠れるようにかさぶたを作ります。毛穴の中に残っている毛は成長しようとしますが、かさぶたがあるため表に出ることができません。

日が経つと、かさぶたはなくなるのですが、成長しようとしていた毛は埋まったままになります。これが埋もれ毛です。

毛抜きは大丈夫じゃないの?

毛抜きだと根元から毛を抜いているのだから大丈夫! このように考えている方がいますが、毛抜きも毛穴へダメージを与えることがあります。

毛抜きというのは毛を抜いているように見えて、実は毛が途中で切れている場合が多いのです。結果、埋もれ毛の原因となります。

気にすれば気にするほど肌は傷ついていく

自分のひざ下のムダ毛が気にならない方は当然、自己処理の回数が少ないです。

逆に気になる方は自己処理の回数が多いと思います。自己処理を重ねれば重ねるほど肌は傷つき、中にはコンプレックスになっている方もいるでしょう。

負のスパイラルにはまっていませんか?

あなたの私生活はこのようになっていませんか?

  1. 1.コンプレックスを他人に見られるのは嫌だ。だから脱毛サロンにも足を運ぶことができない。
  2. 2.頑張って自己処理をしたり、ひざ下が見えない洋服にする。
  3. 3.このような生活にストレスが溜まり、自己処理で肌の状態が悪化。
  4. 4.少しでもキレイにしようと思い、ムダ毛を自己処理してしまう。

1〜4の繰り返しは、あなたの肌も心も傷つけていきます。

私は大丈夫! という過信がもたらす罠

今のところ私は自己処理で済んでいるから大丈夫! と安心している方も油断はできません。

年齢を重ねるとお肌は衰えます。お肌に潤いを与えるコラーゲン・ヒアルロン酸は減っていき、〝乾燥〟や〝かさつき〟といった悩みが出てきます。

今までと同じように自己処理をしていると、ある日突然、黒ずみやシミなどの問題に悩まされることになるかもしれません。

自己処理は危険と隣り合わせ

あなたが行っている自己処理は、その一回一回にお肌のトラブルを招く危険性を秘めています。常に最善の注意を払っているならまだしも、日によってムラがあると思います。忙しい日などは尚更です。

高いレベルを維持したまま自己処理をし続けるというのは、非常に難しいことなのです。

 

3:光脱毛で透明感のある肌へ

黒ずみやシミの原因がわかっていても、それを予防・改善していくのは大変です。

美容クリームでお肌を保湿、お出かけの前は日焼け止めクリーム、足を傷つけないように摩擦に注意して……考えただけでも大変ですよね。

美しい肌を保つためには日々の努力も大切ですが、光脱毛はあなたのお肌の悩みを改善する可能性があります。

美肌・保湿・抑毛、三つの効果がある美容ジェル

脱毛サロンで使用される美容ジェルには美肌・保湿成分が配合されています。脱毛を進めていく上で、肌がキレイになったと実感する方もたくさんいるんですよ。

美容ジェルの美肌効果で黒ずみが消える!?

美容ジェルの美肌効果により、気になっていた黒ずみが解消する方もいます。もちろん個人差があり、万人に共通するわけではありませんが、実感している人がいるのも事実なんですよ。

光脱毛で自己処理を軽減

自己処理を減らすことが美しい肌への第一歩になります。脱毛を進めていくことで自己処理を減らし、肌へのダメージを軽減。さらに黒ずみ、埋もれ毛などの予防・解消へ繋げていきます。

脱毛、そして美肌へ

光脱毛の目的はムダ毛を無くすことですが、光脱毛の効果はそれだけではありません。

脱毛は長期間に渡って施術を行います。繰り返し施術を受けることにより、美容ジェルの美肌効果、本来の目的であるムダ毛の処理をしていくことで、あなたの肌から黒ずみ・くすみ・シミを消していきます。

光脱毛は脱毛と美肌、両方の効果を合わせ持つことにより、あなたが納得が行く美肌を手に入れることができるのです。

 

4:大切なのは『水分値』

日々の生活が忙しく、なかなか脱毛サロンへ行けない方がいると思います。

そんな方のために日常生活でのお肌のケアはどのようにすればいいか、保湿を中心に話していきますね。

お手入れは毎日するのが基本

当然ですが、お肌の手入れは毎日するのが基本です。理想は〝水分→美容液→クリーム〟での保湿。

三段階での保湿が難しい方は、せめて水分+クリームでの保湿をするだけでも全然違いますよ。

季節によって使い分ける

夏にクリーム・オイルタイプなどを使用すると油分を含むため、日焼けをしやすく注意が必要です。

夏はジェルタイプをご使用ください。冬はジェル+クリームを使用するのがオススメですよ。

表面だけの保湿はNG!

当店では脱毛する前にお客様のお肌の水分値を測らせていただいております。

この水分値というのは〝お肌の表面だけでなく、お肌の奥の水分値〟を測らせていただいています。

脱毛する直前に保湿を頑張っても、水分値は上がりません。美肌を保つためには日々のケアが大切です。

ライフスタイルを見直そう

美容液やクリームなどによる保湿以外にも私たちができることはあります。

  • ・意識して水分を摂る。
  • ・睡眠時間をしっかり確保!
  • ・身体を洗うときはナイロンタオルを使用しない。

上記の3つを守るだけでも、美しい肌への改善につながります。

他にもお風呂に浸かることが多い方は〝ぬるめの温度〟で浸かることがオススメですよ。

 

まとめ:ひざ下脱毛で例年とは違う〝美夏〟がやってくる!

人は誰しもコンプレックスを抱えて生きています。一つのコンプレックスが取り除かれるだけでも、あなたに大きな自信をもたらしてくれるでしょう。

誰だって自分が気になる部分を人に見せるのは嫌です。それがコンプレックスともなれば尚更のこと。しかし、勇気を出して一度、脱毛サロンへ行ってみませんか? その一歩が、あなたの生活を変えると信じています。

透明感のある、美しいひざ下を想像してください。

考えただけでも、ワクワクしませんか?

 

 

Pocket