二の腕に要注意!ひじ上脱毛の必要性を説く。

2016/12/02
Pocket


高校生になってぐらいから、友達の間で、メイクやスキンケアの話が良く出るようになり、美容に関して関心が芽生えてきました。

私は一人っ子なので、どうしてもそういった情報には疎く、お姉ちゃんのいる友達などから、いろいろなことを教えてもらわないと、自分ではなかなか気づかないことも多かったのです。
ムダ毛の処理も、友達との会話の中から知り、自分でも処理をするようになりました。

目次

  1. 1:自分では綺麗に処理できなかった
  2. 2:脱毛サロンで綺麗にケアをしてもらおうと思うように
  3. 3:美容脱毛に挑戦して良かった!

 

1:自分では綺麗に処理できなかった


うちの母親は、私が美容ケアをすることには反対で、まだ子供には早い、という感覚のようなので、ずっと以前からムダ毛が気にはなっていたのですが、どうやって処理をすれば良いのか相談することはできずにいました。

学校帰りに友達と、コスメアイテムなどを買うようになり、ムダ毛処理に使うアイテムもいろいろと試していたのですが、どれを使っても同じで、遠目で見れば何とか毛がなくなっているようには見えますが、近くで見るとどうしても処理残しなどが目立ち、あまり綺麗になっているとはいえない状態でした。
お小遣いではムダ毛処理にかけられる費用も限られていたので、そういった程度のケアで我慢するしかありませんでした。

大学生になり、アルバイトをするようになると、少し自由に使えるお金も増えてきたので、カミソリも少し質のいいものなどにしていたのですが、それでもムラがなく綺麗に剃れるかというと、それは少し疑問で、肌への負担がちょっとましかな、という程度でした。

2:脱毛サロンで綺麗にケアをしてもらおうと思うように

ある時、友達に誘われて、コンパニオンの仕事をすることになったのですが、その時に支給されたドレスが、腕が出るノースリーブタイプで、もちろん脇の処理や腕はきちんとしていたつもりだったのですが、意外にも二の腕の処理を怠っていたことを指摘され、とても恥ずかしい思いをしました。
自分ではなかなか目に留まらない場所でもあるので、今まで処理をしたことがなかったのですが、特に二の腕の裏側など、人の視線は結構留まるんだ、ということがわかり、改めてムダ毛の処理の大変さを痛感しました。

どちらかというと毛深い体質の女性は、よくよく考えれば、身体の構造上自分では処理をしにくい場所にも毛が目立っており、無理して処理をしたら危ないだろうし、どう考えても綺麗に処理ができるわけがありません。
今までそういった部分に関して全く意識していなかったので、とても恥ずかしく感じるようになってしまいました。

そこで、思いきって脱毛サロンで綺麗にケアをしてもらおうということを考えるようになり、友達と相談して、一緒に受けることにしたのです。

希望の箇所を六ケ所程選択できるコースにしたので、私は脇や腕、脚とうなじを処理してもらいました。
もちろん気になっていたひじ上脱毛もコースに含んでいたので、もう恥ずかしい思いはしなくても良くなりました。

3:美容脱毛に挑戦して良かった!


実際に施術を受けていると、そんなところにも生えているんだ、と思うような場所にも、マシンを当てていくので、やはり思いきって美容脱毛に挑戦して良かったと感じました。

脱毛サロンでも十分に保湿ケアを行ってもらうのですが、自宅でもしっかりとボディクリームを塗るように言われていたので、毎日お風呂上りにクリームを付けるようにすると、肌がどんどん白く、滑らかになってきたので、ボディも手をかけてあげればあげるだけ、しっかりと結果が出るんだと思いました。

脱毛ケアを受けている間は、日焼けをしたり乾燥したりすると、施術が受けられなくなる、といわれていたので、そこを守るのは最初は辛かったですが、慣れてくると煩わしさも感じなくなり、この脱毛ケアをきっかけにして、自分磨きにより力を入れられるようになったのは、とても良かったです。

以前ほどカミソリを買い変えなくても良くなり、お手入れ自体も、たまにするだけで良くなってきたので、本当に楽になりました。
ぶつぶつと目立っていた脇の毛穴も、だんだんと小さくなっていき、今では人前で腕を上げることも、恥ずかしくなくなっています。

自分が脱毛ケアを受けるようになると、不思議なことに以前より人のムダ毛に良く目がいくようになり、昔私が指摘されたように、二の腕にムダ毛が残ったままの人が意外にも多いことに驚いています。
そういった人程、ひじ下は綺麗に処理をしているものなので、以前の私のように、気がついていないんだなと思って見ています。

Pocket